ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 マスターズ
期間:04/11〜04/14 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

藤田寛之 痛恨のトリプルボギーで出遅れ

2013/04/12 09:50


ジョージア州のオーガスタナショナルGCで開幕した「マスターズ」初日。藤田寛之が7-バーの87位タイと大きく出遅れた。

2年ぶりの夢舞台は、厳しい現実を容赦なく突きつけてきた。上位陣がバーディを連発し、好スコアがリーダーボードをにぎわせた第1ラウンド。藤田は前半6番までに2ボギーを叩いたものの、2.5メートルを沈めた10番など見事なパーセーブも重ねていた。

<< 下に続く >>

しかしアーメンコーナーの最終ホール、13番(パー5)。ティショットを引っ掛け、左サイドのクリークに打ち込んでしまう。さらに打ち直しの3打目も、上空にせり出した枝を警戒し低いボールでレイアップを狙ったが、これもまたクリークへ落とした。両手を膝につけ、唇をかむ。「少しダフってしまった。『そうならなければいいな・・・』と思いながら打ったが・・・」。痛恨のトリプルボギーでさらに後退。その後さらに2つスコアを落として、初日を終えた。

「打ちのめされた」。ホールアウト直後の第一声に、悔しさがこもる。右肋骨の疲労骨折の影響で、レギュラーツアーの出場は2月の「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」以来だった。実戦感覚の欠如。「そのあたりは無いとは言えない。(調整は)自分の中でベストは尽くしてきたけれど・・・」。

「コースから来る威圧感に完全に負けた。上手くいっている間は、そういう部分は感じないが、大きなミスショットが出始めると、ここはフェアウェイからでも簡単にボギーを打ってしまう」。小さな傷が、途端に取り返しのつかないほどの故障へと変わってしまうオーガスタ。出場93選手中87位タイは、無念の思いだけが募った。

予選カットラインは50位タイまで(もしくは、トップから10打差以内)。巻き返しは厳しい状況となったが、「可能な限りバーディを獲っていきたい。一つ一つ」と気丈に語ってコースを後にした。(ジョージア州オーガスタ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!