ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 マスターズ
期間:04/11〜04/14 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

藤田寛之 「原点」からマスターズへ

「いらっしゃい。こんな格好ですみません」。

招かれた部屋の中で、藤田寛之は折り畳み式の簡易ベッドの上に仰向けになっていた。ゴルフチャンネルで「タビストックカップ」の映像が静かに流れている。大田敦トレーナーの熱心なマッサージが終わり、43歳は寝ぼけ眼のような表情で起き上がった。

<< 下に続く >>

ラフなタンクトップ姿の上半身には、規則正しく電子音が響く機械が取り付けられたままだった。「これ、付けたままでいいですか?」。弁当箱ほどの大きさの、超音波医療機器を慣れた手つきで扱いながら、ゆっくりとソファに腰を掛ける。「マスターズ」開幕2週間前、フロリダ州ジャクソンビル近郊での調整期間中の一幕だ。

1月中旬に痛めた右肋骨。合宿中のハワイで異変を感じた。新シーズンの初戦「WGCアクセンチュアマッチプレー」にまず出場するため2月18日に渡米したが、この3日前には疲労骨折の診断を受けていた。「痛い、痛いって言いながら、治るだろうと思って・・・」。極寒のマッチプレー会場での練習ラウンドは、急きょハーフで切り上げ。強行出場のままマット・クーチャーに敗れ、早々に初戦で姿を消した。

だがその後、拠点を温暖なフロリダに移してからも、患部の痛みは一向に引かなかった。本格的に治療に専念し、3月上旬の「WGCキャデラック選手権」の欠場を強いられた。そしてこの決断は、さらなる苦境を招くことに。世界ランキングで上位50位からはじき出され、2週後の「アーノルド・パーマーインビテーショナル」の出場権も喪失。マスターズの前に参戦を予定していた米ツアーの2試合、貴重な実戦の機会が消えたのだった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 マスターズ




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!