ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 マスターズ
期間:04/11〜04/14 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

オーガスタ自己ベストの「68」 石川遼「シーズンで一番のゴルフ」

2013/04/15 07:33


ジョージア州のオーガスタナショナルGCで開催された今季のメジャー初戦「マスターズ」最終日。石川遼が5年連続の出場で自身のベストスコアとなる「68」をマークした。8オーバーの56位タイから出ると、自己最多の7バーディを奪取。通算4オーバーの38位タイに終わったが「今シーズンで一番良いゴルフだった。いつもイメージしているのがこういうゴルフ」と胸を張った。

最終組がスタートする約5時間前、まだ熱気穏やかなオーガスタ。だが石川は上位争いとは離れた位置から「とにかくバーディを獲ることだけを考えた」とアグレッシブに攻め続けた。1番でグリーン右からチップインバーディで発進。直後からはパーを並べたものの、第2打をいずれもピンそば1メートル強につけた9番から2連続バーディを奪う。

12番(パー3)でティショットを池に落として痛恨のダブルボギーとするが、「13番はチャンス。クヨクヨしていたらもったいない」と足早に次のティグラウンドへ。すると2オンに成功したこのパー5から、3連続バーディを決めた。17番は第2打をグリーンの奥にこぼしてボギーとしたが、最終18番で4メートルを沈めてバーディ締め。右の拳に、大きな手応えを詰め込んだ。「こういうラウンドができるんだなと思いました」。

最終日はグリーンの傾斜にぶつけたショットがカップに寄りやすい、比較的易しいピンポジション。「この(重圧のかからない)順位だからこそできたかもしれない。優勝争いの雰囲気が加わってくると・・・」と慎重な姿勢だったが、「3日目に(スコアを)落として、最終日に這い上がれたのは今後のモチベーションになる」と口元を引き締めた。

疑問の声を呼んだ3度目の特別招待選手としてプレーした今大会は、米ツアーのメンバーとなって初めて臨んだマスターズ。大会前には「シーズンの1試合」とも表現していたが「思ったよりも違いました」と考えを改めた。「これから、このコースのことをより考えながら練習すると思う。ここで通用するショットならどこでも通用する」。オーガスタはやはり、成長するための特別な舞台だった。

次週は休む間もなく米ツアー「RBCヘリテージ」に参戦。「今日のようなゴルフを続けていく、このレベルを上げていくことに集中して、やっていきたい。ここにもう一回戻ってくるというのは、絶対に目指さなきゃいけないライン。戻ってきて、優勝争いをすることをイメージしてやっていきたい」。シーズン中盤戦に向けて、そして将来へのターニングポイントにも十分なり得る4日間だった。(ジョージア州オーガスタ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。