ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 マスターズ
期間:04/11〜04/14 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

【藤田寛之専属キャディ・梅原敦のマスターズレポート2013<5>】

2013/04/10 12:31


今日はアウトコースだけを回りました。オーガスタはインに比べ、やはりアウトコースの方が、好スコアが出にくいですね。

インコースは、パワーのある選手や調子の良い選手ならバーディチャンスに付くケースも多いけど、アウトコースは調子が良くてもなかなかスコアを伸ばす事は出来ません。全体的な距離は、アウトが3725ヤードでインが3710ヤードだからそう変わらないんだけど、ショートホールとロングホールの距離がインの方が断然短いので、その差かもしれません。

アウトをいかに静かに回って、インの数少ないバーディチャンスを決めきれるかが勝負でしょう。

「マスターズはドローヒッターが断然有利」って聞いた事があるでしょ。それはその通りなんです。フェードヒッターは構えにくいホールが多過ぎます。スライサーに至っては、もう不可能に近いですよ。

左にドッグレッグしているホールが特別多いわけではないんだけど、フェードヒッターは打ち出したい方向に高い木が置かれているホールがほとんど。まずティショットでイメージを崩されるのでしょう。

過去にマスターズに挑戦したフェーダーの日本人は、この試合の後、必ずと言っていいほど調子を崩しました。オーガスタでフェードのイメージが全く無くなり、日本に帰ってからは持ち球を捨て、マスターズで通用するための強いドローボールをたくさん練習するようになるケースが多いからです。

当時、世界でもトップクラスのフェードボールを打っていたジャンボ尾崎さんでさえ、マスターズの練習場ではドローボールばかりを練習していたっていうのを聞いた事がありますから。

ところで、藤田さんはまだまだ世間ではフェードヒッターのイメージが強いんですが、実はそうではないんですよ。もちろん、「ここは絶対に曲げたくない」って場面では、押さえ込んだ重たいフェードボールを打つことが多いけど、基本的には風に逆らわず、その時その時で球筋を打ち分けているんです。

ただここはね、いくつかドローではなく、強いフックを打たなければいけない時があるんです。普段のトーナメントではトラブルショットでもない限り、そこまでの強いフックを打つ事はまず無いので、その曲げたショットのイメージが強く残ったせいで、残りのホールに影響する事があるのかもしれませんね。

ここは、過去を見てもレフティのプレーヤーが活躍する事が多かったでしょ。左利きの選手はだいたい持ち球がスライスだから、オーガスタは攻めやすいのかも。このコースを作ったボビー・ジョーンズは絶対ドローヒッターだったんでしょうね。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!