ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 マスターズ
期間:04/11〜04/14 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

“ゴールデンベアー”の影響を歓迎するコルサート

ジャック・ニクラスが6回優勝したマスターズで初勝利を飾ったのは50年前だが、彼の18回のメジャー優勝は、ルーキー、ニコラス・コルサートのパフォーマンスに大きな影響を与えることになる。

ルサートはマスターズ初出場選手17名のうちの一人だ。マスターズ初出場で優勝をし、誰もが望んでいるグリーンジャケットに袖を通した選手は1979年のファジー・ゼラー以来、未だ誕生していない。

飛ばし屋のコルサートは、昨年のメダイナで栄光を勝ち取ったライダーカップ欧州代表の英雄の一人だが、先週、ニクラスの知略と邂逅するという、ゼラーの達成した記録を再現する上でこの上ない機会に恵まれた。

「クラブハウス(フロリダ・ウェストパーム)で他の二選手と会話をしていたら、ジャック・ジュニアが入ってきたんです。彼は1986年に彼の父親のキャディをしていたでしょ。非常に貴重な時間でした」。

「私たちは、ちょうど1986年のマスターズの話をしていたんです(46歳のニコラウスが最後のマスターズ優勝を果たした大会)。そこで私達の一人がジャック・ジュニアに、マスターズに向けての一番のアドバイスは何かと訪ねたんです」。

「そこで10秒程立ち尽くした彼は、私達に寄ってきて、“僕だったら父と話すね”と賢明なるアドバイスを授けてくれたんです」。

「そして私の方を見て、こう言いました。“僕の父に電話をかけようか?”と。そこで私は“もしそうしてくれたら本当に光栄です”と彼に伝えたんです」。

「そして彼がニクラスに電話をかけたところ、“3時にミーティングがあるが、2時にそっちへいくよ”と言っていました。その時は丁度午後1時だったので、1時間後にはニクラスに会えるとあって、非常に幸運だと思いました」。

コルサートは昨日、マスターズで2度優勝を経験しているライダーカップのキャプテン、ホセ・マリア・オラザバルと会話をし、1時間ニクラスと時間を過ごし、その上でコースの全ホールを回った。

「私がジャックと話をしたときに、一度もプレーをしたことのない場所にしては、非常によく視覚的なイメージができたような気持ちになりました」。

「実際に彼からもらった有益な情報を照らし合わせてみると、コースの所々で自分の見る目が正しいことが分かってきたので、随分と自信を深めることができました」。

「特定の選手たちはこの地を見ると、自分のスタイルに合っていると感じるものであるが、私も今まさにそう感じています」。

「経験はいつでも選手の中で大きな役割を果たします。そして、どんなトーナメントでも優勝するには、パットを決めなければなりませんね。私にもチャンスがあります」と述べた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!