ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 全英オープン
期間:07/17〜07/20 場所:ロイヤルセントジョージスGC(イングランド)

P.ミケルソンとR.ビームの率直な感想

全英オープン開催のロイヤルセントジョージスをすでに体感したフィル・ミケルソンリッチ・ビーム。2人の率直な感想を聞いてみた。

フィル・ミケルソン
「グリーン周辺にこのコースの特徴が出ている。いろんなスロープがいりこんでいる。グリーンエッジは傾斜に引っ張られてしまいボールはみんな落ちてしまう。グリーンへのアプローチが厳しい。なんとか攻められる側とどうにもならない側があるんだ」

リッチ・ビーム
「一体なんでコース設計者はこんなところにポットバンカーを作ったんだろう?と思っているとボールが妙なバウンドをしてそのポットバンカーにつかまる。入ってしまったボールを眺めて、設計者の意図がわかるというわけだ」

フィル・ミケルソン
「今回優勝する秘訣はだたひとつ。最も好調な選手が勝つだろう。ここでは経験はあまり関係ない。好調な選手といえば、ウェスタンで優勝したタイガーと、先週のスコティッシュ・オープンを勝ったエルスだろうな」

◇コースの豆知識:Par71、7106ヤード。1887年に開設され、最初の全英オープン開催は1894年。今年第132回を迎える全英オープンはロイヤルセントジョージスで13回目の開催。

このコースでのスコア記録:4ラウンドとも80台と最も多く叩いてしまったチャンピンは1894年のJ.H.テイラー(326)。一方4ラウンドとも60台と最高スコアの267をマークしたのが1993年のグレッグ・ノーマン。同じく最高18ホールスコアはノーマンの63(1993年)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!