ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 全米オープン
期間:06/15〜06/18 場所:ウィングドフットGC(ニューヨーク州)

全米オープンコラム:全米オープンヒストリー第106章が幕を開ける

世界4大メジャーのひとつ「全米オープン」を知らないゴルファーはいないはず。過去に幾度となく名勝負が繰り広げられ、伝説として語り継がれている試合は数多い。歴史を遡ると、第1回大会が開催されたのは1895年。同年はニューポートGCで競技が行なわれ、ホーレス・ローリンズが優勝した。その後、1903年から1905年にかけてウィリー・アンダーソンが3連覇を達成。「全米オープン伝説」の序章はここから幕を開けた。

1922年のジーン・サラゼン、球聖ボビー・ジョーンズ、ベン・ホーガンなど名プレーヤーたちが次々と勝者に名を刻んでいく。途中、戦争により中断された時期もあったが、今年で106回目を迎える大会からは多くのドラマが生まれた。

<< 下に続く >>

近年では1999年に思いを馳せる人も多いだろう。当時42歳だったペイン・スチュアートが、フィル・ミケルソンとの死闘を制した4ヶ月後、飛行機事故で帰らぬ人になったことは記憶に新しい。このような、過去の悲劇的な出来事も含め「全米オープン」には他のメジャーとは違うオーラが存在する。

ハンディキャップ1.4以下のアマチュアゴルファーが、エントリーフィー150ドル(2006年度の料金)で、地区予選に出場できるのもそのひとつだ。そもそも「オープン」という名称は、1次&2次予選会、さらに最終予選を通過した選手へ出場資格が与えられることに由来する。

これは、タイガー・ウッズやミケルソンといった世界のトッププレーヤーとアマチュア選手が、同じ舞台で戦えることを意味する。プロに匹敵する力量を備えながら、あえてアマの道を貫く猛者が予選を突破し、タイガーに挑む。そんなドラマが起こり得るのも「全米オープン」ならではだ。

今年、本戦に出場するのは156名。110の会場で行なわれる1次予選と日本や英国を含む14会場で実施される最終予選の結果により選出される。既に8584人がエントリーを認められ、70名が予選免除となった。日本人選手では、片山晋呉今田竜二に加え、最終予選を突破した、谷口徹深堀圭一郎高山忠洋の出場が決まっている。

本大会は、6月15日から18日にかけてニューヨークのウィングドフットGCで開催される。時を遡れば、1974年にヘイル・アーウィン、1984年にはファジー・ゼラーが、このコースで勝利を収めている。2006年「全米オープン」の女神は、果たして誰の頭上で微笑むのだろうか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!