ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 全米オープン
期間:06/15〜06/18 場所:ウィングドフットGC(ニューヨーク州)

羽川豊の全米オープン生レポート/いよいよ全米オープンがスタートしました。

全米オープン初日

今日はタイガー・ウッズの組に付いてましたが、最初はどうなることかと心配になりましたよ。あのタイガーが前半の9ホールで5オーバーの「40」を叩きましたからね。でも、心配するほどのことはないですね。後半のゴルフを明日以降できれば、優勝争いに絡んでくる可能性もありますね。

前半のタイガーは、9週間という試合から外れた感覚が、アイアンのショートにつながったり、アプローチがイメージどおり打てなかったりしましたが、後半調整できたのは明日以降に繋がってきます。

<< 下に続く >>

今日は首位が1アンダーのコリン・モンゴメリーですが、4日間トータルでアンダーパーをマークできる選手は現れないでしょう。4オーバー、5オーバーでの優勝争いになると思うので、タイガーがこの後スコアをまとめてくれば、まだまだ侮れない存在ということです。

日本勢は健闘していますが、4日間となると相当苦しいですね。谷口徹くんと、深堀圭一郎くんが5オーバーで踏ん張っていますが、ひとつ流れが変わるとボギーが止まらないどころか、ダブルボギーが続きますからね。前半イーブンパーでラウンドしていた今田竜二くんが、後半は別人のようなプレーをしてしまったのですから・・・。

今週は最終日まで天気はよさそうなので、グリーンがさらに堅くなったら選手たちもバーディを狙わずに安全な方法でパーをつかむことに専念するべきです。

羽川豊(はがわ ゆたか)
セントラルスポーツ所属。栃木県出身。専修大学時代に朝日杯全日本学生選手権4連覇。ツアー通算5勝。1982年「マスターズ」15位タイなど。現在はゴルフトーナメン トの解説や自身のゴルフサロン「HAGAWA YUTAKA GOLF SALON」でレッスンを行っている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 全米オープン




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!