ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2007年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/09〜08/12 場所:サウスヒルズメダイナCC(オクラホマ州)

今日のタイガー/首位と6打差発進! 午後スタートの明日はパッティングが鍵に

大会初日午前8時45分、タイガー・ウッズは10番ティからスタート。初日と2日目の組み合わせは「全米プロゴルフ選手権」の歴代チャンピオンと一緒。1986年覇者のボブ・ツエーと2002年大会のチャンピオン、リッチ・ビームが同伴競技者となっていた。午前中は31度前後だった気温は、午後から38度まで上がる猛暑日。風は南の方向から吹く一日になった。

10番ホールからスタートしたタイガーは10番、13番、15番でバーディを取り、3アンダーまでスコアを伸ばすが18番でボギー。インは2アンダーの「33」でターンした。フロントナインは5番でバーディを取ることができたが、2番、4番、7番、8番でボギーとしてしまい「38」。初日は4バーディ、5ボギーの1オーバー「71」でフィニッシュした。初日「65」の5アンダーでトーナメントリーダーに躍り出たグレーム・ストーム(イングランド)とは6打差となる23位タイという位置。2日目は午後1時50分にティオフとなる。

<< 下に続く >>

スタートホールとなる10番で、ピン下3メートルを沈めバーディスタートしたタイガーは、13番のパー5でも2オン2パットのバーディ。15番ではフェアウェイ左サイドから低い球で、ピン左1.5メートルに絡ませるショットを見せて3アンダー。リーダーズボードの一番上に「TIGER WOODS」の名前を載せてきた。続く16番ではティショットを林まで曲げてしまいトラブル。出すだけとなった後、3打目を上手く寄せてパーセーブ。17番でもピンチに見えたがグリーン横からチップインパーで凌ぐ。一番難しいホールとなった18番ではボギーとしてしまい、先に回ったバックナインは2アンダー。フロントナインは2番でボギー。ティショットを右のラフに入れ、2メートルのパーパットを外し1アンダーに後退する。4番でもティショットを右のラフに入れてしまい、2打目はグリーン左手前のラフへ。バンカー越えのアプローチはピンを4メートルオーバーし、パーパットも沈めることができずにボギーを記録。653ヤードのパー5では350ヤードドライブ、296ヤード残った2打目は3番ウッドでグリーンを捕らえて2オンに成功する。5メートルのイーグルパットは僅かにショートしてしまうが、今日4個目のバーディを奪い通算1アンダーにスコアを戻した。このバーディで波に乗るかと思われたが、タイガーは7番と8番で連続ボギーとしてしまう。7番は右のセミラフからグリーン右手前のバンカーに捕まり、寄らず入らず、3オン2パットのボギー。245ヤードのパー3となる8番は、3番アイアンでグリーンを狙うがボールはグリーン手前15ヤードにショート。さらに、ここからのアプローチもピンから2メートルショート。パーパットはカップの右にそれて沈まず、初日は5つのボギーを喫してしまい「71」で終了した。

「ショットの感じは良かったが、今日のスコアにはそれが表れていなかった」とプレー後のインタビューで話したタイガー。グリーンを外したときのパーセーブは低く、ボギーが5個とタイガーらしくない初日となった。試合会場となるサザンヒルズCCのラフはバミューダベースの芝となり、前週会場のベント芝とは大きく異なる。前週の優勝後すぐに移動し、月曜日の朝6時から準備を始めていたタイガーだが、初日は空回りとなってしまったようだ。トップは5アンダーとスコアを伸ばしているが、アンダーパーの選手は12名のみ。23位タイという順位は大きく出遅れてしまった感じはないが、明日どこまで巻き返してこれるかが鍵となる。明日、タイガーは午後のスタート。猛暑の影響でベント芝には散水が必要としているため、グリーン表面は比較的柔らかい設定にしている。午後組にとってはグリーンの表面がデコボコする場所も出てくるはず。タイガーにとっては一番の敵は、ボールが上手く転がらずに弾んでしまうグリーンになるだろう。明日は5メートル以内のパットの転がり、そしてパット後のタイガーのリアクションにも注目してみたい。スイングコーチのハンク・ヘイニー氏は、奥様の看病でトーナメント会場には姿を見せていなかったという。タイガーが、一人でどこまで最終微調整ができているのかも気にかかる。

★ラウンド データ

・スコア:71(38-33)1オーバー

・バーディ:4ホール
・パー:9ホール
・ボギー:5ホール

・フェアウェイキープ率: 71.4%(14ホール中 10ホール)
・パーオン率:55.5%(18ホール中 10ホール)

・パーオンしたときの平均パット数:1.67
・ラウンドパット数:30

・バンカーセーブ率:0%(2回バンカーに入り、パーセーブ 0回)

・ドライバー距離(計測2ホール平均):310ヤード(301ヤード・319ヤード)

・パー3:通算1オーバー
・パー4:通算2オーバー
・パー5:通算2アンダー

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!