ニュース

米国男子WGC EMCワールドカップの最新ゴルフニュースをお届け

優勝したら富士山でスノボー!? 米国チーム記者会見/WGC EMCワールドカップ練習日2日目

タイガー・ウッズデビッド・デュバルのアメリカチームの記者会見が行われた。

今回のコース(太平洋クラブ御殿場コース)についての印象を聞かれ、デュバルは「とても整っているコースだと思います。雨でちょっと湿っていますけど、グリーンも大きく、スピードも速い。先週の宮崎とはちょっと違うけど、非常にいいコンディションだと思うよ」

<< 下に続く >>

ウッズは「昨日の雨でかなりグリーンが柔らかいけど、コースは非常にいい状態。グリーンがドライになってくれればチャレンジのしがいのあるコースに変わってくると思うので、デュバルと一緒にプレーするのを楽しみにしています」

そして、心配される腰痛についてウッズは、「今回のフライトが18時間と長かったので心配していたが、今は特に問題ない。はりはちょっとあるけど、間接の動きも問題ない」

今大会のライバルとなる国は「日本チームは非常に強いと思います。去年アルゼンチンで開催したときに、ホストチームのアルゼンチンが強かったですから、今回のホスト国、日本は非常に強いチームだと思うます。後はアーニー・エルスレティーフ・グーセンの南アフリカチーム、アイルランドチーム・・・」やはり、地元日本が少し有利だと考えているだけに、明日初日の戦いは注目が集まる。

また、今回ワールドカップということで、普段のゴルフメディアばかりではなく、一般誌の取材陣も多数加わっている。中でもサブラ(小学館)の記者は、ウッズと親交の厚いプロバスケットボールのマイケルジョーダンの復帰についてどう思うかという質問が上がった。「バスケットボール界にとっては当然だが、スポーツ界全体にとっても意味のあることだと思う。今、彼は38歳なので、28歳の頃のプレーと比べると違うところがあると思う。彼自身苦しんでいると思う。ただ、若い選手と一緒のチームでプレーオフにいってもらいたいし、頑張ってもらいたい」

オフシーズンにはスノーボードを楽しむデュバルには、富士山でスノーボードがやりたいか? という質問。「滑れるの?」と逆に質問を返し、「日曜日に優勝して、終ったら行ってみたい」とジョークまじりの記者会見となった。

そして、2人は揃ってこの大会で優勝することが、日本のファンへのサービスだと考えている。アメリカチームの3連覇、ウッズ、デュバル組みでの2連覇に向け、いよいよ明日初日を迎える。

富士山頂までくっきりの秋晴れ、米国チームがラウンド練習をした

前日の雨から一転、抜けるよう青空となった練習2日目。前日1時間ほどの練習で引き上げたタイガー・ウッズが、朝一番8時からコースをラウンドした。トップスタートで一人ということもあり、9ホールを1時間20分ほどで上がってきた。

そしてデュバルと合流し、9時40分からインコースに入った。優勝候補の米国チームが揃ってラウンドしたため、ギャラリー数はホールを追うごとに増していった。

18番グリーンでは、通常のトーナメントの最終日を上回るほどの人数がたった2人のプレーヤーを待ち受けていた。終盤は前の組との間隔が詰まり、ティグラウンドで談笑する姿も見られた。17番ではデュバルがギャラリーに向け笑顔で手を振る和やかなムードとなった。

この日のウッズは、腰の痛みなど影響なさそうな普段どおりのスイングを行っていた。グリーン周りでは、芝を取らず薄めにヒットし、止まるボールの練習も試みた。明日の初日に向け、仕上がりは順調そうに見えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 WGC EMCワールドカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!