ニュース

米国男子インベンシスクラシック at ラスベガスの最新ゴルフニュースをお届け

PGAツアー「インベンシス・クラシック」最終日

90ホール、5日間に渡って3つのコースで開催される「インベンシス・クラシック」。この2シーズン、怪我やプライベートな問題で調子が良くないデビッド・デュバル。2002年シーズンに至ってはトップ10フィニッシュが1度しかない不調ぶりだった。しかし、ライダーカップをきっかけに「蘇り」の兆しを見せているデュバルは、なんと4日目が終わった時点で首位。すぐ後ろに同大会3度優勝経験のあるジム・フューリックが控えているものの、念願の優勝に限りなく近づいたデュバル。果たして勝利の女神は久々にデュバルに微笑みかけてくれるのだろうか?

答えは残念ながらノー。6番パー4で長い15メートル級のバーディパットを決めた場面が、最終日唯一のハイライトとなってしまったデュバルは、3つのボギーを叩き、優勝争いから脱落してしまった。変わってスポットライトを浴びたのがフィル・タタランギ。19アンダーで迎えた最終日、12番パー4で8メートルをバーディ。13番パー5ではグリーンサイドの木の脇からの完璧なアプローチを、ピン側1メートル以内につけるなど猛チャージで27アンダー。その後も15、16番とバーディラッシュが止まらず、最終18番では14メートルのバーディパットをわずかに外したものの、通算29アンダー。2位以下に3打差をつけで先にホールアウトした。

なんとかタタランギを捉えようと後続組の集中力に拍車がかかる。スチュアート・アップルビーは16番のイーグルで2打差に詰め寄った後の17番、ティショットをピン側30センチにつけてついに1打差。しかし、最終18番での下り4メートルのバーディパットはわずかにカップの左。1打及ばなかった。

3度の優勝経験を誇るジム・フューリックも16番でバーディを奪い1打差に迫る。また17番でバーディを奪ったジェフ・スルーマンも1打差。次々とタタランギに襲い掛かるがみな一歩手前で失速。スルーマンは18番でグリーン手前の花道からチップインを決めない限りチャンスなしというショットがかなりショート。一方、同じく18番でチップインバーディ以外にプレイオフに持ち込む手立てのないフューリックも奇跡は起きず大きくオーバー。

2000年シーズンに首の神経を痛め、さらに不整脈があったため、ほとんど参戦できなかったフィル・タタランギが30歳にして念願のPGAツアー初優勝を飾った。(今季の15人目の初優勝者)

◇最終結果
優勝(-29):フィル・タタランギ(62)
2位タイ(-28):スチュアート・アップルビー(66)、ジェフ・スルーマン(67)
4位(-27):ジム・フューリック(68)
5位(-26):ロリー・サバティーニ(65)
6位タイ(-25):チャールズ・ハウエルIII(67)、デイビッド・デュバル(71)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 インベンシスクラシック at ラスベガス




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。