ニュース

米国男子ワールドコム・クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 ワールドコム・クラシック
期間:04/18〜04/21 ハーバータウン ゴルフリンクス(サウスカロライナ州)

PGAツアー「ワールドコム・クラシック」最終日

初日に(67)をマークしたジャスティン・レナードはこの大会での過去の成績が振るわないことから正直、あまりの良いスタートに驚いていたという。続く2日目に(64)を出した時もまだ自分の好調ぶりに驚いていたレナード、しかし3日目に(66)をマークし、2位以下に3打差をつけて首位で最終日を迎えられる状況になった時、レナードもついに自信満々になった。

そして迎えた最終日、レナードを追うヒース・スローカムが序盤からチャージ。6番で168ヤードからの2打目をピン横5メートルにつけ、バーディ。レナードに2打差と迫る。同じく「追う立場」でチャージが期待されたフィル・ミケルソンはこの日、特に大きな飛躍はなし。6番では1メートル以内のパーパットを外すなど、首位レナードの脅威にはならなかった。

一方レナードは連続パープレーで前半を折り返す。バンカーに入れるなど、トラブル回避の上手いパーセーブもあるが、バーディを奪えずスコアは伸びないまま。代わって、ヒース・スローカムは12番で見事なアプローチ。
打った瞬間「フック!」と叫んだスローカムの命令にボールが従ったように、ピン側につけ、バーディ。これで1打差。その間、レナードは前ホール、11番で貴重なパーセーブ。9メートル近くの長いパットを入れ、リードを守った。しかしレナードの安心もつかの間、波の乗ったスローカムは14番でグリーン後方のカラーからのバーディパットを決めて、ついに首位タイに並んだ。

そして15番、何度となく、トラブルをパットの好調さでカバーし、14連続パープレーしてきたレナードが1メートルに満たないパットを外し、とうとうボギー。スローカムに首位を明渡してしまった。しかし時同じくして、16番でスローカムもトラブル、バンカーアウトをミスし、痛いダブルボギーでレナードが再び首位に。

最終ホールでスローカムにはバーディチャンスがめぐってくるが、活かせず。後はレナードが最終ホールでボギーを叩いてくれる以外はチャンスなし。そのレナードは最終ホールもパーセーブに成功し、最終日2ボギー・16パーの(73)という決して良いとはいえないスコアで逃げ切りの優勝を飾った。

◇最終結果
優勝(-14):ジャスティン・レナード(73)
2位(-13):ヒース・スローカム(70)
3位(-12):フィル・ミケルソン(71)
4位(-11):ベルハルト・ランガー(69)
5位タイ(-10):スコット・バープランク(67)、ビリー・メイフェア(69)、デービス・ラブIII(71)

関連リンク

2002年 ワールドコム・クラシック




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~