ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

2002年の世界ゴルフ殿堂

7歳になる息子のベンのレッスンのため、チャールズ・クレンショウは1954年にハーヴェイ・ペニックのもとを訪ねた。ゴルフをいかに愛し、いかにプレイするべきかをその子に教えたのは、テキサス州オースティンに住むふたりの先達だった。それから43年後、様々な思いに彩られたベン・クレンショウのゴルフライフは、世界ゴルフ殿堂の栄誉によって祝福されることとなった。

「仲間入りできるなんて信じられません」

4月3日の発表を受けて、クレンショウは慎ましやかに感情の高ぶりを表していた。

「身の引き締まる思いです。ゴルフは私にとってどれだけ素晴らしいものであり続けるのでしょう」

今年11月15日、フロリダ州セントオーガスティンでの式典を経て殿堂入りすることになるベン・クレンショウは2度のマスターズ優勝、PGAツアー19勝、そして3度もの全米大学選手権優勝。さらには1999年、アメリカが奪還を果たしたライダーカップのキャプテンを務めた。ともに殿堂入りが決まったのは国際投票で選ばれたトニー・ジャクリン。全米オープン、そして全英オープンの覇者である。また、2001年に選出されていたが殿堂入りを今年に延期していたマスターズ2勝のベルンハルト・ランガー。そしてLPGAツアーのベテラン部門でのマーリーン・ハッグ(Marlene Hagge)。

クレンショウはトニー・ジャクリンと同時の殿堂入りについて「縁」を感じると言っていた。初めて全米オープンに出場した1970年以来、そのイングランドのゴルファーを身近な存在と感じてきた。ヘーゼルタイン・ナショナルで開催されたその全米オープンでジャクリンは初日から首位に立って7打差でデイヴ・ヒルを破って優勝。
全英オープンも勝って、同じ年に両オープンに優勝した数少ないプレイヤーとなった。
全米オープンでの英国人優勝者はほかにハリー・ヴァードン、そしてテッド・レイしかいない。自身のキャリアの中で全米オープンの1週間は「マジカル・ウィークだった」とジャクリンは表している。

クレンショウは2002年のPGAツアー投票で必要な65%の票を獲得した。PGAツアー投票は40歳以上で10勝以上を上げ、ツアー在籍10年という条件を満たすプレイヤーによるものだ。その投票で10位までに入ったプレイヤーで今回落選したのはニック・プライス(得票率61%)、トム・カイト(44%)、ヘンリー・ピッカード(42%)、ラリー・ネルソン(37%)、カーティス・ストレンジ(35%)、クレイグ・ウッド(29%)レオ・ディーゲル(24%)、トミー・ボルト(24%)、そしてボブ・チャールズ(22%)。

クレンショウはそうしたプレイヤーたち、とくに同じオースティン出身でツアー19勝のトム・カイトや全米オープン2勝のカーティス・ストレンジ、そして21勝しているラニー・ワドキンスは「ほほ同様の業績」であると言い、「半年くらいは会わないようにしないと」と笑った。

事実、なかでもトム・カイトについては戦歴が甲乙つけがたい。カイトは1992年の全米オープンを制覇し、PGAツアーではトップ3入賞回数で10回、トップ10で65回、トップ25で90回、クレンショウよりも多い。

57歳のジャクリンは66%の得票率で、国際投票を通じての殿堂入りは欧州ツアーメンバーとしては4人目。セヴェリアーノ・バレステロス、ニック・ファルド、ランガーに次ぐ。国際投票での上位5人には青木功(59%)、岡本綾子(40%)、ジャンボ尾崎(38%)、クリスティ・オコナー・Sr.(36%)。

ジャクリンは世界各地で27勝をあげ、欧州ツアーでは14勝。そしてライダーカップでは4度、キャプテンを務めて、大会を現在のように見応えのあるものに盛り上げることに手腕を発揮した。プレイヤーとしては1967年から79年まで7回出場して13勝14敗8分。1985年、87年ではキャプテンとして欧州チームを勝利に導き、89年は引き分けとしてカップを留保することに成功した。85年のベルフリーでの勝利は欧州チームにとって1957年以来の久々のカップ奪還であり、87年のミュアフィールド・ヴィレッジはアメリカに乗り込んでの初勝利だった。

「人生という名の大学」の卒業生だと称するジャクリンは自分も父親と同じように、よくいるふつうの労働者だと言い、ゴルフ界でやっていく気持ちに駆り立てたのは友人のジョン・エルモア(John Elmore)だと言っている。ジャクリンはノース・リンカンシャーに住んでいた60年代の終わりに、ハンディーキャップ1のエルモアのキャディーをしていて親しくなった。エルモアがときおり聞かせてくれたインスピレーションに満ちた詩を殿堂の祝典で記念に捧げるつもりだと言っていた。殿堂入り発表の記者会見の席上で、ジャクリンはそれをさわりだけ聞かせてくれた。

負けると思ったとき、君は敗れる
絶対に負けないと思えば、君は負けない
勝ちたくとも無理だと思うなら、勝つことはないだろう
負けると思うのなら、すでに負けているのだ
世の中に出ていったときに君は知るだろう
成功は自分の意思の中に始まることを
すべては心のありよう次第
大志を抱けば、成し遂げるものはさらに大きく
この程度と見限れば、それさえも得られることはない
自分にはできる、自分はこうなると思いたまえ
すべては心のありよう次第
人生はつねに強き者、速き者の制する闘いではなく
勝てると思う者がいずれ勝つのだ

If you think you are beaten, you are.
If you think you dare not, you don't.
If you would like to win but think you can't,
it's almost a certain you won't.
If you think you'll lose, you've lost.
For out in the world, you'll find, success begins in the fellow's will.
It's all in a state of mind.
Think big and your deeds will grow.
Think small and you'll fall behind.
Think that you can and you will.
It's all in a state of mind.
Life's battles won't always go to the strong or fast at hand,
but sooner or later, the man who wins is the man who thinks he can.

BY JEFF RUDE(GW)

関連リンク




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~