ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

タイガー vs ビジェイ 賞金王はどっちだ!?

世界ゴルフ選手権『AMEXチャンピオンシップ』ではタイガー・ウッズビジェイ・シンに競り勝ち、試合後の記者会見で次のように語っていた。

タイガー・ウッズ
「もしビジェイが勝っていたら、賞金王を取るのは厳しくなっただろうね。同じくプレーヤー・オブ・ザ・イヤーのレースも厳しくなっただろう」

しかしその3週間後、ビジェイ・シンが『フナイクラシック』を優勝したことで、賞金王もプレーヤー・オブ・ザ・イヤーのレースもさらに激戦となってきた。

ビジェイ・シン
「賞金王を取れば、プレーヤー・オブ・ザ・イヤーのチャンスもあると思う。でも選ぶのは選手達だからね。賞金王を取れなければ、プレーヤー・オブ・ザ・イヤーのチャンスはまずないとも思ってるよ。残り2週間でどうなるか、結果が明らかになるさ」

今季の公式戦も残り2試合。タイガーが『ツアー選手権』に向けて、今週は休暇を取る中、ビジェイは今週も参戦。上位入賞し、タイガーとの賞金差額25万ドルを広げたいところだ。

ビジェイ・シン
「今現在の調子を維持できれば大丈夫だと思う。今は試合に出る度に勝てる気がしているんだ」

タイガー・ウッズ
「私にとって大事なのはツアー選手権に向けて万全の体制にあること。大事な試合ですから、精神的にも肉体的にも万全でありたい」

もし今週もビジェイが勝つようなことがあったら、優勝賞金は86万4000。これを加算すると、『ツアー選手権』が始まる前にすでに今年の賞金王が決定してしまう計算になる。

タイガー・ウッズ
「ビジェイが優勝して賞金王を決定付けてもそれはそれ。賞金王も大事だけど、選手がもっとも欲しているのはプレーヤー・オブ・ザ・イヤーの座だからね」

またタイガーはもし本気で賞金王の座を狙っていたとしたら、最初からより多くの試合に参戦していたとも語っている。実際に、ビジェイは怪我のため6週間休んでいたが、それでもタイガーより8試合も多くトーナメントに参戦している。

ビジェイ・シン
「賞金王はシーズンを通じて常に上位にいなければ取れないタイトルだからね。私にとっては夢なんだ」

◇タイガーvsビジェイ:2003年ツアー成績
タイガー・ウッズ:17試合出場、優勝5回、2位が2回、平均スコアは68.19(米国ツアー1位)、トップ10率は70.5%(米国ツアー1位)
ビジェイ・シン:25試合出場、優勝4回、2位が4回、平均スコアは68.65(米国ツアー2位)、トップ10率は64%(米国ツアー2位)

◇最新賞金ランキング
1位(682万ドル):ビジェイ・シン
2位(657万ドル):タイガー・ウッズ
3位(569万ドル):デービス・ラブIII
4位(499万ドル):ジム・フューリック
5位(471万ドル):マイク・ウィア
6位(417万ドル):ケニー・ペリー

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!