ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

「ネイションワイド」卒vs「Qスクール」卒どっちが強い?

PGAツアーへの登竜門は2つ。PGA下部組織である「ネイションワイドツアー」で1年間戦い抜くか、または地獄のような6日間の「Qスクール」を突破するかだ。昨年は38名の選手が「Qスクール」からPGAツアーに卒業していった。「ネイションワイドツアー」からは規定どおりの15名がPGA入り。しかし今年から「ネイションワイドツアー」からPGAツアー入りできる人数が例年の15名から20名に増えた。この改定には「ネイションワイド」卒の選手の方が、「Qスクール」卒の選手よりもPGAツアーでの活躍が上だという考え方が影響しているという。実際に「ネイションワイド」卒の方が上なのだろうか?

アーロン・オーバーホルスター(2002年ネイションワイドツアー賞金ランキング2位)
「Qスクールが簡単だとはいわないが、たった6日間に凝縮されている試合だからね。その6日間だけ調子の良い選手もいるだろう。一方でネイションワイドツアーは1年間、毎週毎週力を試される。そして1年間の結果で決まるんだ」

ベン・カーティス(2002年Qスクール26位タイ)
「Qスクールの突破は厳しいよ。わずかなチャンスを生かさなければならないからね」

マルコ・ドウソン(2002年ネイションワイドツアー賞金ランキング8位)
「ネイションワイド卒の人数が増えたのは歓迎だね。やはり30週間戦い抜いた選手の方がたった6ラウンドで勝ち残った選手よりタフだよ」

キャメロン・ベックマン(1998年~2000年Qスクール卒)
「Qスクールは一発勝負だからね、厳しいよ。何度もチャンスをもらえるネーションワイドよりも厳しいと思うよ」

さまざまな意見があるが、03年シーズンのデータを見てみると、「ネイションワイドツアー」卒の成績の方が「Qスクール」卒を上回っているのは事実。先週行われた「84 ランバークラシック」前までの成績を調べてみると、「ネイションワイドツアー」卒の15人中6人が、PGAツアー賞金ランキング125位以内に入っていた。一方の「Qスクール」卒では、38人中10名が125位内となっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!