ニュース

米国男子WGC NECインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 WGC NECインビテーショナル
期間:08/21〜08/24 ファイヤーストーンCC(オハイオ州)

WGC「NECインビテーショナル」プレビュー 第2弾

86名が参戦する世界ゴルフ選手権「NECインビテーショナル」、世界ランキングのトップ50全員が集った。最も新しいメジャー・チャンピオン、ショーン・ミキールもそのひとり。
ショーン・ミキール
「初のWGC参戦です。すごく光栄に思ってますよ。毎回テレビ中継で見ていて、予選落ちのない大会ってどんな感じだろうって思ってたんだ。まぁわかったことはひとつ、金曜日の午後にメチャクチャ緊張しながら予選通過ラインを悩まなくてすむね。やっとメジャーに勝ったという実感が沸いて来た。でも週末は家族と凄しながら買い物したり洗濯したりと通常のいろんなことを片付けなければならなくて、なんだかまだじっくり優勝をかみ締める時間がまだないんだよ」

「全米プロ選手権」での好成績はチャド・キャンベルにもWGC入りのチャンスをつくった。
チャド・キャンベル
「全米プロでの成績がWGC入りさせてくれたけど、それでも全米プロでの出来栄えには少し不満が残ってるんだ。やはり勝ちたかったね。でも良い経験をさせてもらった」

1999年から「NECインビテーショナル」の3連続優勝を果たしているタイガーもオハイオ州入り。「全米プロ選手権」では振るわなかったものの、笑顔で会場入りしている。
タイガー・ウッズ
「先週は本当にバーディを決められなかったね。でもここは3連覇した大会だし、すごく楽しみにしているよ。このコースは97年にプレーして以来、気に入ってるんだ。それに延長された16番をプレーするのが楽しみだ。さらに40ヤード以上も増やしたんだってね。でも楽しいホールだよ。前もコンディションが良い日に、ティボックスを前進させたんだ。上手くいけば2オンできる。僕は2オンしたんだけど、それが気に食わなかったのかな?また長くなっちゃったね」

メジャー優勝を決められなかったタイガーだが、依然「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」のトップ候補であることは変わらない。タイガーにはその名誉への意識はあるのだろうか?
タイガー・ウッズ
「みんなプレーヤー・オブ・ザ・イヤーは気になってるだろうね。まだ2つのWGCとツアー選手権も残っているからね。まだ分からないよ」

デービス・ラブIII
「ミキールが全米プロを優勝したことでプレーヤー・オブ・ザ・イヤーのレースはまだまだ終わらないね。もしマイク・ウィアが勝ってたら決まってた。これから先にWGCの2試合やツアー選手権もあるから、誰にでもチャンスはあるよ。僕もどれか優勝して可能性を高めたいよ」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 WGC NECインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。