ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」候補たちの心境は?

通常この頃には「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」の候補は固まっているが、今年は違う。タイガー・ウッズは過去6年間で5度受賞。うち過去4年間は連続受賞となっており、今季はすでにPGAツアーで4勝している。もちろん候補のひとりだ。

タイガー・ウッズ
「ぜひ今年も受賞したいね。でもそのことばかり考えていてもしょうがない。ただ毎トーナメントにベストを尽くして、なるべく多くの勝ち星を決め、平均スコアを高め、賞金ランキングを上げるといった努力を積むだけ。最終的に受賞につながるということだ」

タイガーを一歩リードしているように見える選手の一人がマイク・ウィア。今季は「マスターズ」優勝を含む3勝している。
マイク・ウィア
「みんなも最高のシーズンを迎えているからまだまだわからないよ。でもこんなチャンスは滅多にないからぜひ活かしてみたいね。それにずっと一人の偉大な男が君臨しているから、その座を奪えたら気持ちいいだろうね。でも彼はそう簡単に勝てる相手じゃないし、他のみんなも調子がいいから、まだまだ分からないよ」

タイガー同様すでに今季4勝挙げているデービス・ラブIIIは、うち1つが準メジャーの「ザ・プレーヤーズ選手権」。
デービス・ラブIII
「シーズン始めはプレーヤー・オブ・ザ・イヤーが目標でしたよ。毎年そうだけど、賞金王とか全試合制覇するとか、目標は高いものさ。でも実際に今季は調子がいいから、プレーヤー・オブ・ザ・イヤーの受賞よりもその都度の試合に集中している。目標のひとつがメジャー優勝で、それがまだ今年は出来ていないから、今はこのメジャーがすべてだ。結果として受賞できたら嬉しいね」

ジム・フューリックは今季2勝だが、うち一つがメジャー「全米オープン」。さらに13回ものトップ10入りをしている。
ジム・フューリック
「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー受賞は僕のモチベーションにはならない。その受賞を考えて参戦する大会を変更したりする気はないよ。受賞できたら最高だけど、それは今季の結果についてくるものだと思っているんだ。良いシーズンを残せた場合のご褒美みたいなものだね。かといって、受賞できなくても今季の成績を悪いとは思わないよ」

すでに3勝しているケニー・ペリーだが、「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」を受賞するには今週のメジャー最終戦を勝つしか道はないと思われる。
ケニー・ペリー
「今週のメジャーを取れなければ、あと2~3勝しないと可能性はないな。やはりメジャー・チャンピオンたちは格が違うからね。今週の僕の出来栄えにかかってるんだよ。でも厳しい大会だからね、運も味方してくれないと難しいな」

もちろん、アーニー・エルスデビッド・トムズも今季2勝を挙げており、もしこのメジャーを制すれば、候補者としてかなり確率が高まることだろう。USGAでは「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」を毎年ポイント制で決めているが、現在のトップはマイク・ウィアとなっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!