ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 全英オープン
期間:07/19〜07/22 ロイヤルリザム(イングランド)

タイガー、6番のバンカーが誤算!作戦狂い3位タイに終わる

南西からの風が4日間で一番強く吹いた最終日、タイガーチャージは不発に終わってしまった。3日目を終えてタイガー・ウッズは通算6アンダー。トーナメントリーダーのアダム・スコットは通算11アンダーと5打差。タイガーは4つバーディを奪うものの前半のトリプルボギーや、後半の3連続ボギーが響きトータル3アンダー。トータル7アンダーで逆転優勝したアーニー・エルスとは4打差の3位タイで競技を終えた。

スタートから3ホール連続で右からの風が吹いていた最終日、タイガーは3ホール連続で1パットセーブでこらえた。特に2番はグリーン左手前のバンカーから30メートルのバンカーショットをピン傍で止めるというミラクルショットでピンチを凌いだ。大きなトラブルになってしまったのは6番パー4。残り218ヤードという状況で、タイガーは5番アイアンで打ったセカンドショットは左手前のバンカーに捕まってしまう。垂直に立っているアゴに近い場所、ボールは目玉という最悪の場所からタイガーは時間をかけていろいろな選択を検討した。左横、又はアンプレアブル・・・いろいろ考えたあげくタイガーはハイリスクな所のままピンを狙うショットを試みたがボールはアゴに直撃して脱出失敗。もう少しでタイガー自身に当たってしまうというショットだった。4打目は両足を曲げてバンカーの外に立つというスタンスで打ち、かろうじて脱出に成功して4オン。しかしここから3パットしてしまったタイガーは一気に6アンダーから3アンダーに後退してしまった。

ここで優勝争い脱落と思われたタイガーは意地を見せた。次の7番はグリーン右奥からチップインバーディ。9番のパー3ではグリーンオーバーしてボギーを叩いてしまうが10番では今週初めてこのホールでドライバーを選択、87ヤードからの2打目を1.5メートルにつけてバーディ。198ヤードという設定だった12番でも左からの風にボールを上手く乗せて2メートルにオン。

チャンスをものにして3つめのバーディを奪取、スコアをトータル5アンダーに戻した。しかし13番から15番は3ホール連続でバンカーとトラブルに陥りボギー。13番と14番はティショットで右のバンカー、15番はセカンドショットでグリーン左のバンカーに捕まってしまっていた。ここでタイガーの優勝チャンスは消えてしまった。 最終18番では最終日4個目のバーディを奪いたくさんのギャラリーの声援に応えたが4度目の全英制覇、メジャー15勝目達成の夢は消えてしまっていた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Q:最終日を振り返って
タイガー:あと1歩でした。作戦としては前半をアンダーパーで回りたかったんです。風も吹いていて、絶好のポジションにいると思いました。5番を終えてイーブンパー。7番のパー5は2オンできるホールでした。9番も比較的易しいホールのはずでした。ですから後半でも1つか2つアンダーパーを出せれば通算8アンダーか9アンダーという数字。私は優勝スコアは8アンダーでプレーオフ、9アンダーであれば優勝できるんだと思っていました。残念ながら作戦通りのプレーはできませんでした。

Q:5番アイアンで打った6番ホールの2打目は惜しいショットでしたか?
タイガー: あと1ヤード。1ヤード足りませんでした。

Q:アーニー・エルスについてはいかがですか?
タイガー:素晴らしいゴルフをしたようですね。今年に入って優勝争いに何度も絡んでいました。マスターズに出場するために直前まで惜しい試合が多かったですね。ですからこの試合で彼が優勝したことには驚きはありません。しかし今回のような結末になったことには驚きました。スコットが崩れた事に対しては意外でした。

Q:1週間を振り返っていかがでしたか?
タイガー:全体を総括するとまずまずのプレーができたという満足感はあります。残念ながらミスが所々で出てしまいいい流れ、勢いをつかむことができませんでした。特に今日の6番は痛かったです。そしてグリーン上でしっかりと打ち切れずにショートしてしまった事も多かったです。グリーンはそれほど速くなかったのでしっかり打つという感覚で狙ったのですがカップの手前で止まることが多すぎました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント:
インタビューで語っていたように6番のトリプルボギーは痛かった。アゴに近い位置で目玉という最悪の状況で3オンに失敗。しかしかろうじて4オンしてからの3パット、トリプルボギーで作戦は大きく狂ってしまった。タイガー自身は、優勝スコアは8アンダーでプレーオフ、9アンダーで優勝と語っていたが実際に優勝したエルスの優勝スコアは7アンダーだった。タラレバを言ってはきりがないが、タイガーは12番でバーディを奪いスコアをトータル5アンダーに戻した。 エルスも13番ティでは同じ5アンダーという状況。エルスはここから14番と18番でバーディ、ボギーなしでトータル7アンダーでフィニッシュ。タイガーは13番と14番で、アイアンでティショットを一番行ってはいけない右の深いバンカーに捕まってしまいボギーだった。特に13番は355ヤードと距離パー4。最終日は南西からの風で右から左に吹いていた。この状況でアイアンを選択して右のバンカーに捕まるというのはタイガーだったら100発打ってもミスはしないはず。6番のトリプルボギーで間違いなく勢いは止まってしまったが、今回の優勝を逃がしたのは、あの13番のティショットだった。

1週間を振り返ると今大会はティショットでアイアンを多用していたこともあり、フェアウェイキープ率は出場選手中2位となる82%。しかグリーンを狙うアイアンではショートアイアンの距離感が悪かったり、スライスを打ちすぎていたため、左サイドのピンを攻めるシーンが少なかった。この2つはこのあと2週間後と3週間後に控えている「WGC世界ゴルフ選手権ブリヂストンインビテーショナル」(タイガーは過去7勝)と、「全米プロゴルフ選手権」に向けての課題となるだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
67-67-70-73=287(3アンダー)

最終日:73(3オーバー)

フロントナイン 37(3オーバー)
バックナイン 36(1オーバー)

・バーディ:4ホール(4日間バーディ合計数15個)
・パー:9ホール
・ボギー:4ホール(4日間ボギー合計数9回)
・トリプルボギー1ホール(4日間 トリプルボギー1回)

・パー3:イーブンパー(4日間通算1アンダー)
・パー4:4オーバー(4日間通算イーブンパー)
・パー5:1アンダー(4日間通算2アンダー)

・フェアウェイキープ率: 64% (14ホール中9ホール)
4日間通算 82%(56ホール中46ホール)(予選通過83人中2位)

・パーオン率: 39% (18ホール中7ホール)
4日間通算 64%(72ホール中 46ホール)(予選通過83人中 26位)

・合計パット数: 27パット
4日間通算113パット(予選通過83人中8位)
1パットホール:8回
4日間通算 28回(予選通過83人中 28位)

・ドライビングディスタンス 2ホール平均 273.5ヤード
計測7番ホール 303ヤード、14番ホール 244ヤード(アイアン使用)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。