ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2010年 全英オープン
期間:07/15〜07/18 場所:セントアンドリュース(スコットランド)

石川、谷口、宮瀬は我慢のゴルフで一歩後退!

海外メジャーの今季第3戦「全英オープン」は、日本から9名の選手が出場したが、通算2オーバーまでに入った谷口徹石川遼宮瀬博文の3人が決勝ラウンドに進出。大会3日目は前日ほどの強風にはならなかったが、不規則に変化する風に多くの選手が翻弄された。

通算4アンダーでスタートした谷口徹は、その風の強さを読み間違えてスタートの1番でクリークに捕まってしまった。「練習場より風が強かった。でも、ロバート(カールソン)が7Iで打ってたから、8Iでいいかなと思ったけど、あそこまで吹き上がるとは思わなかった。もちろんクリークにははめないように安全に打ったつもりなんだけど・・・。練習場では左からの風に持って行かれないように打てていたのに、コースに出るともっと影響を受ける」。1番でダブルボギーを叩き出鼻をくじかれてしまった。

その後3番でバーディを奪うが、4番をボギーとし、5番でもこの日2つ目のダブルボギーを叩いてしまう。この日は2バーディ、3ボギーと2つのダブルボギーで、通算1オーバーの52位タイまで後退してしまった。「5番のダボも、左に打とうと思っているのに、右のバンカーに入れちゃうんだから。16番くらいでようやく力が抜けて17番は上手く打てたけど・・・。自然に歯向かうゴルフをしたかったけど、勝てねえなぁ。大した人間じゃないね」。と、ラウンド後に話す谷口。それでも、残る1日スコアを伸ばせるようにもう一度気合いを入れる。

3アンダー21位タイで決勝ラウンドを迎えた石川遼は、1番から4番までパーセーブを繰り返した。しかし、5番でボギーが先行すると、その後もバーディを奪えず耐えるゴルフを強いられる。後半の13番、14番と深いラフのブッシュにティショットを打ち込み、ボギー、ダブルボギーとスコアを落としていく。

しかし、終盤の16番でティショット、セカンドともに理想のポジションにつけてバーディを奪った。続く17番はボギーとなったが、最終18番はティショットをグリーン手前に運びバーディフィニッシュ。スコアを3つ落として通算イーブンパーの41位タイとなった。

また、前日の第2ラウンドを朝早くにスタートした宮瀬博文は、自身がホールアウトした時点で予選カットラインを大きく下回っていたため、周囲から「残念」という言葉をかけられていた。しかし、時間が経つにつれ、宮瀬の順位が上がって行き、この日の午前中に行われた第2ラウンドの残りで、68位タイに入り決勝ラウンドに進出することが決まった。

「昨日は既にパッキングまで終わってました。飛行機も変えて、今日の朝帰ろうとしていました。ただ、ご飯を食べている時に73位くらいで、まだ10人位プレーしていて。どうだろうって思っていました。朝、風が止めば落ちてこないかも知れないし、でもこういう状況なので、飛行機もチェンジしなおしました。セントアンドリュースでプレーできることは、自分にとって大きいことなので、気持ちは全然切れることは無かったです」。半分以上諦めていた予選突破をぎりぎりのところで果たし、再びコースに現れた。

その宮瀬は、第3ラウンドでも粘りのゴルフを披露。1番から10番まで全てパーでまとめ、11番、15番でボギーを叩くが、14番バーディを奪い1オーバーの「73」。通算3オーバーの69位タイで最終日を迎えることになった。「調子もゴルフの内容も良いので、明日はスコアや成績というよりも、ちょっとでも上に行ければ良いですね」。宮瀬は最終日にコリン・モンゴメリーと8時5分にスタートする。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!