ニュース

米国男子AT&Tクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 AT&Tクラシック
期間:05/17〜05/20 場所:TPCシュガーローフ(ジョージア州)

今田竜二の初優勝を阻んだ、ザック・ジョンソンの強さ

過去3試合、「ワコビア選手権」、「ザ・プレーヤーズ」、そして「AT&Tクラシック」の最終ホールを比べてみた。ワコビア、プレーヤーズでの最終ホールは共にコースで一番難しいホールにランキングされていたが、今週はランク17番目。今週、今田竜二は最終ホールで1イーグル3バーディを記録した。

終盤も安定したプレーを続けたザック・ジョンソンは、今年のマスターズチャンピオン、さらにこの大会での歴代チャンピオンとしての貫禄を見せ付けた。

<< 下に続く >>

賞金ランキングとFedExポイントで共にトップ4にいるのは、タイガー・ウッズフィル・ミケルソンビジェイ・シン、そしてザック・ジョンソン。今年「マスターズ」で優勝したジョンソンは、次の「全米オープン」でも期待できるプレーヤーだ。ジョンソンはドライバーの上手い選手なので、ラフの深い「全米オープン」のコースにも対応できるだろう。「マスターズ」のような速いグリーンも得意で、最終日のプレッシャーにも対応できるはず。雨が降り地面が柔らかいと不利になるが、乾いたコンディションならば、十分期待できる。

ジョンソンは、大学を卒業して以来向上を続けている。ミニツアー時代、ネイションワイドツアー時代と共にプレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝き、今年はPGAツアーでのプレーヤー・オブ・ザ・イヤーも十分に狙えるだろう。

同じ年に「マスターズ」と「AT&Tクラシック」で優勝したのは過去3人。2006年のミケルソンに続き、今年のジョンソン、以前はトム・ワトソンも達成している。これでジョンソンの「マスターズ」優勝が、偶然では無かった事が証明されたといえるだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 AT&Tクラシック




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!