ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

トランプ氏コースで新リーグ開催か ワシントンポスト報道

グレッグ・ノーマン(オーストラリア)がCEOを務める「リブゴルフ・インベストメント(LIV Golf Investment)」が構想する「スーパーゴルフリーグ」が、米国のドナルド・トランプ前大統領が所有するコースで開催される可能性が浮上した。

米紙ワシントンポストによると、「リブゴルフ―」とトランプ氏の会社は同氏の所有コースでトーナメントを開催する方向で交渉中。ニュージャージー州ベドミンスターのトランプナショナルGC、フロリダ州マイアミのトランプナショナルドラールが候補に挙がっているという。

<< 下に続く >>

トランプ氏の政治活動委員会のスポークスマンも取材に対し、「世界で最も美しく、有名なゴルフコースを所有しているという事実を考えると、確かに可能性がありそうです」とコメントしている。

新リーグ構想を推進する団体は、サウジアラビアのオイルマネーを背景に昨秋設立。2018年にトルコ・イスタンブールのサウジアラビア総領事館で殺害されたサウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏はワシントンポストでコラムを執筆し、その中で政府の政策の一部を痛烈に批判していた。当時大統領だったトランプ氏は関与が疑われたサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子を擁護する立場を取るなど、同国政府と関係が非常に深いとされている。

関連リンク



あなたにおすすめ


特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!