ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

ゴルフきょうは何の日<7月22日>

2012年 「全英」エルスの大逆転勝利とスコットの悪夢

英国ロイヤルリザム&セントアンズで行われた「全英オープン」で、アーニー・エルス(南アフリカ)が2002年大会以来、10年ぶりの優勝を飾った。通算5アンダー5位から出て前半2つスコアを落としたものの、後半4バーディの猛チャージ。通算7アンダーとし、6打差を大逆転した。

だが、主人公はむしろアダム・スコット(オーストラリア)だった。4打差の単独首位スタート。2位のエルスと3打差あった後半15番から悪夢の4連続ボギーを喫して、初のメジャータイトルを逃した悲劇が記憶に残る。

<< 下に続く >>

4日間で最も風が強く吹き荒れたリンクスの最終日に待っていたまさかの結末。当時42歳のエルスと32歳のスコットの明と暗。エルスは「アダムをアテストで見かけたが、彼は大丈夫そうだった。こんなことになって、なんだか悪い。僕にも同じ立場の経験が何度もある、すぐに立ち直れる、引きずらないようにと伝えた。ただ、彼はまだ若い。僕はメジャーで4回勝ったけれど、彼ならもっと勝てるはずだ」と気遣った。

優勝を逃した後、ロッカーに戻ったスコットは「僕は人よりも学ぶのが遅いのかもしれないけれど、必ずいつか優勝してみせる」と話した。初のメジャータイトルを獲得したのは翌2013年の「マスターズ」。オーストラリア勢初のマスターズチャンピオンとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!