ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 マスターズ
期間:04/10〜04/13 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

マスターズ初日上位選手インタビュー

首位タイのトレバー・イメルマン(南アフリカ)は、オフシーズン中に横隔膜から良性腫瘍を切除する手術を受けたが、健康な体に戻りすばらしいプレーを見せている。過去数年間、教科書に載るようなきれいなスイングで注目されたイメルマンの好スタートを助けたのは、充実した練習だったのだろうか。

トレバー・イメルマン
「幸い私はマスターズに何度も出場しているベン・クレンショーゲーリー・プレーヤーと一緒に練習する機会に恵まれました。このコースは、いろいろ学ぶことが多く、知り尽くすことは不可能だと思いますが、過去のチャンピオンと練習ラウンドを共にすると、いろいろ助かります」

イメルマンは、2005年の全米プロでもファーストラウンドのリーダーになったことがあるが、そのときは4日間を終えて17位タイだった。

リー・ウエストウッド
「暗い中でプレーしたことを除けば、厳しいコンディションではありませんでした。グリーンは完璧な仕上がりで、風もほとんど吹かなかったので、プレーしやすかったですね。サスペンデッドになって、明日の朝、難しい17番と18番でプレーするのは嫌だったので、ラウンドを終えることができてホッとしました」

ジム・フューリック
「ショットがそこそこ良かったので満足です。ティショットがよく、アイアンは絶好調とは言えませんでしたが、うまくグリーンへ運べました。ただグリーンの難しい場所に運んだことが何回かあり、3パットや、18番のように短いパットを外すこともありました。もっとスコアを伸ばせたはずですが、うまくパーを拾ったホールがいくつかあったので文句は言えません。相当難しい状況なのに2パットでまとめたこともありましたし、いいラウンドでした。2アンダーならトップからそんなに離されたわけではないので、初日としてはいい位置につけたと思います」

ポール・ケーシー
「2007年は、初日、出遅れた後、なんとか挽回し、トップ10に入れました。ここは、今日のように穏やかなコンディションの時も難しいコースです。絶好のゴルフ日和でも、ワン・アンダーがやっとですからね。今日はショットもパットも良かったとはいえ、厳しいテストが続きました。それでもトップと3打差ですから、明日から差を縮めて、週末も優勝争いをしたいですね」

フィル・ミケルソン
「アンダー・パーなら上出来です。オーガスタ・ナショナルは、過去数年、距離が伸びて難しくなったので、アンダー・パーで周れれば満足です。タラレバを言ったらきりがありません。2007年のように肌寒くて強風が吹けば、優勝スコアはイーブン・パー前後になるでしょう。しかし、グリーンがずっとソフトで風が穏やかなら、3日目までで8アンダーから12アンダーまで伸ばす選手もいるでしょう」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。