ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米女子オープン
期間:06/19〜06/22 場所:パインハーストNO.2(ノースカロライナ州)

ショットに不安なし 暫定35位の森田理香子は余裕を武器に

2014/06/20 10:37


海外女子メジャーの今季第2戦「全米女子オープン」が19日(木)、ノースカロライナ州のパインハーストNo.2で開幕。初出場の森田理香子は序盤に躓きながらも「73」(パー70)でまとめ、3オーバーの暫定35位と踏ん張った。

スコアカードの出だしは荒れ模様。午後のプレーで2番から2連続ボギーを先行した森田は、続く4番では奥からパターでのアプローチがグリーンオーバーするなどダブルボギー。「すごくいいショット、ピン筋に行ったショットがフォローの風に乗ってしまった」。3番のボギーは残り102ヤードをロフト52度のウェッジで、4番は残り170ヤードを7番アイアンで、いずれもグリーンの奥にこぼした2打目が発端だった。

それでもショットへの充実感が、日本の賞金女王を動じさせない。「これを続けていればバーディが取れるんじゃないかと思っていた」。9番(パー3)でグリーン右奥からウェッジでチップインバーディを決め、続く10番(パー5)は第3打を右手前のバンカーから1メートル弱に寄せ、連続バーディ。苦しむ総勢12人の日本人選手のうち、アマチュアの橋本千里と並び最上位で第1ラウンドを終えた。

開幕2日前の練習では、師匠の岡本綾子に付きっきりで指導を受けた。「岡本さんを独り占めできて、すごい嬉しかった」。その効果ももちろん認め、「気持ちで自分を追い込んでしまうのではなく、(落とし場所は)『ここでもいいや』といった余裕を持ってやっている」と表情は柔らかい。

「明日は午前中なのでグリーンも軟らかいと思うので、切り替えて。打つ前にどこに落とすかしっかり決めてやりたい。今日のショットであれば問題ない」。パーオンに成功したのは18ホール中8ホールに留まったが、数字に表れない自信への言葉が、巻き返しへの最良の材料だ。(ノースカロライナ州パインハースト/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!