ニュース

米国女子全英リコー女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 全英リコー女子オープン
期間:08/02〜08/05 場所:セントアンドリュース オールドコース(イングランド)

今日の日本人選手/上田桃子がイーブンパーの暫定21位タイと、上々のメジャーデビューを果たす!

今年の「全英リコー女子オープン」に出場した日本人プレーヤーは、総勢6人。この日は日没サスペンデッドとなったが、日本勢は揃ってホールアウトした。その初日、優勝への期待を抱かせる好スタートを切った選手もいれば、早くも予選落ちの危機に陥ってしまう選手も現れるなど、明暗が分かれる結果となった。

宮里藍は、首位と3打差の暫定4位タイという絶好のスタート。さらに、今大会が初のメジャー参戦となる上田桃子は、「いやー、やっぱり難しいコースです」と言いながらも2バーディ2ボギーのイーブンパーでホールアウト。「一緒にラウンドしたポーラも朴セリも苦戦していましたし、イーブンパーで回れたので良しとしましょう」と、メジャー独特の雰囲気にも、"ゴルフの聖地"セントアンドリュースにも、まったく臆さない強心臓を見せつけ、暫定21位タイと上々の滑り出しを見せた。

<< 下に続く >>

不動裕理は、前半2ボギーを叩くも後半の1バーディで1つ巻き返し、1オーバーの暫定36位タイ。また、メジャー初参戦となる佐伯三貴は、4ボギー1バーディの3オーバー暫定69位タイと出遅れ、ホールアウト後は「グリーンが硬くて止まらないし、パッティングの距離感は合わせられないし・・・本当に難しい」と意気消沈。「パッティングの距離感を調整して、明日はアンダーパーを目指します」と、明日以降の巻き返しを図っていた。

そして、こちらも4オーバー暫定82位タイと出遅れてしまったのが、大山志保横峯さくらの2人。大山はパットのフィーリングが合わず、3パットを5度も繰り返したことが大きく響いた。また、横峯も大山と同じくパットに苦しんだ。15番パー4では、2メートル程の距離から3パットとしてしまい痛恨のダブルボギー。アプローチをピンに絡める見せ場も作ったが、3バーディ、5ボギー、1ダブルボギーと出入りの激しい内容となってしまった。「明日はできればアンダーパーでラウンドしたいです」と、明日の2日目は予選通過ラインを見据えながらの戦いとなる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 全英リコー女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!