ニュース

米国女子ウェグマンズ・ロチェスターインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

米国女子ツアー「ウェグマンズ・ロチェスターインターナショナル」最終日

2位以下に5打差をつけて最終日を首位で迎えた金美賢。一緒に回ったのは女王、カリー・ウェブだった。過去に最終日をウェブと回ったことのある金美賢、その時はプレッシャーのためか、ウェブに優勝を譲ってしまった。さて今回のマッチングはどうでるのか?
5打差でスタートしたウェブは9番でグリーンエッジから8メートルのパットを決めてバーディ。一方の金美賢は、同じ9番で3メートルのパーパットを外し、リードが1ホールで2打縮まってしまう。12番ではその逆。ウェブがパーセーブを逃すと、金美賢が4メートルのバーディを決めて2打取り戻す。しかし金美賢は、13番、16番でボギーを叩いてしまい、逆にウェブが、16番、17番で連続バーディ。ついに首位タイに並んだ。ここまで詰め寄られると金のプレッシャーはかなりのもの。最終18番でアプローチをピンに寄せられず、パーセーブに距離を残す。一方のウェブはバーディこそ逃すが、一足先に手堅いパーでホールアウト。プレーオフに持ち込むためには入れなければならないパーパットを金美賢は外してしまい、ウェブが米国女子ツアーでの今季1勝目を、5打差の逆転優勝で決めた。金は、これで過去12試合で4度目のトップ5入りとなった。

◇最終結果
1位(-12):カリー・ウェブ(68)
2位(-11):金美賢(74)
3位(-7):朴セリ(70)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ウェグマンズ・ロチェスターインターナショナル




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには吉本ひかるプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。