ニュース

米国女子LPGAハナバンク選手権の最新ゴルフニュースをお届け

プレーオフを制し、ペターセンが1年2カ月ぶりの勝利

◇米国女子◇LPGAハナバンク選手権最終日◇スカイ72GC(韓国)◇6,364ヤード(パー72)

米国女子ツアー第24戦「ハナバンクLPGA選手権」の最終日、首位のスーザン・ペターセン(ノルウェー)を、地元韓国のリュー・ソヨンと朴セリが最終組で追いかける展開に、会場は大ギャラリーで埋め尽くされた。

序盤、5打のリードを持ってスタートしたペターセンだったが、3番(パー3)でダブルボギーが先行。直後の4番でバーディを取り返したものの、やむことのないギャラリーの携帯カメラ撮影に、いらつきを隠せない。8番で再びボギーを叩くと、後半に入っても12番(パー3)でこの日2つ目のダブルボギーを叩くなど、スコアを徐々に落としてしまう。

その間に、するするとスコアを伸ばしてきたのは、通算6アンダーからスタートしたカトリーナ・マシュー(スコットランド)。14番までに6バーディを奪い、16番をボギーとしたものの、通算11アンダーで首位に並んでホールアウトした。

一方のペターセンは、17番(パー3)でティショットを奥に外し、アプローチも5m近くショートしたが、このパットをねじ込んで首位タイに踏みとどまる。しかし、バーディが欲しい最終18番(パー5)でスコアを伸ばせず勝負は2人のプレーオフへともつれ込んだ。

プレーオフは1、2ホール目は両者譲らずパーを並べた。しかし3ホール目、ピン横1.5mにつけたペターセンが、バーディを奪いようやく長い戦いに終止符を打つ。ペターセンにとっては、昨年8月の「セーフウェイクラシック Presented byコカコーラ」以来、1年2カ月ぶりのうれしい勝利の瞬間だった。

1打差の3位には、ヤニ・ツェン(台湾)が続き、4位には朴セリ。5位タイにレクシー・トンプソンとサンドラ・ガル(ドイツ)が入った。日本勢としてただ一人出場していた宮里藍は、通算3アンダーの20位タイで3日間の戦いを終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 LPGAハナバンク選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。