ニュース

米国女子マクドナルドLPGAチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 マクドナルドLPGAチャンピオンシップ
期間:06/07〜06/10 場所:ブルロックGC(メリーランド州)

マクドナルドLPGAチャンピオンシップ初日 注目選手のハイライト

アニカ・ソレンスタムにとって、この大会は復帰2戦目。アウトをイーブンパーとした後、10番パー4のセカンドショットを寄せてこのホールをバーディとし、トップと4打差の1アンダーとなった。続く11番パー5のサードショットではピン1.5メートルにつけた後、2連続バーディを奪って2アンダー。最後をバーディとし、初日は4バーディ、2ボギーで70をマークしている。

カリー・ウェブは今年、パッティングが不調だが、17番パー3では見事なタッチを披露。長いバーディパットを沈めたウェブは、4アンダーの68だった。

<< 下に続く >>

「クラフトナビスコチャンピオンシップ」に続き、メジャー2連勝を狙うモーガン・プレッセルは、15番パー5のサードショットでラフの嫌なライからピン2メートル弱へ運び、バーディ。プレッセルは、ノーボギーで68をマークした。

ポーラ・クリーマーは、1番ホールでいきなり3パットのボギーを叩いたが、15番パー5ではロングパットを沈めてバーディ。16番と18番をボギーとし、1アンダーとしている。

初日はキム・サイキ・マローニー、アンジェラ・パーク、そして、バーディ・キムの3人が5アンダーでトップタイ。バーディ・キムは2005年6月の「全米女子オープン」で優勝して以来、LPGAツアーで初めてトップにつけた。今年最初のメジャー「クラフトナビスコチャンピオンシップ」で優勝したモーガン・プレッセルは4アンダー発進。 その他、ロレーナ・オチョアは、3月の「マスターカードクラシック」以来となる初日のハイスコア71で回り、20位タイ。過去3試合連続5位以内で今週を迎えたポーラ・クリーマーも1アンダーとした。

ディフェンディングチャンピオンの朴セリは、ファーストラウンドを終了した時点で晴れて世界ゴルフ殿堂入りの条件を満たした。宮里藍は3オーバーの96位タイでスタートしている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 マクドナルドLPGAチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには平井亜実プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!