ニュース

国内男子アンダーアーマーKBCオーガスタゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

プレーヤーズラウンジ

ツアー通算15勝目!!<伊沢利光> アンダーアーマーKBCオーガスタゴルフトーナメント

2005/08/29 12:00

父親が、ガッツポーズで声援に応えるかたわらで、長女・優美子ちゃんが18番グリーンサイドのスコアボードを指差してつぶやいた。「あのね、あれ昨日からぜんぜん動いていないんだよ」。電動式のそれは、この日いちども故障することなく順調に作動していたはずだった。スコアが動くたびに、順位もめまぐるしく入れ替わっていたはずだったが、優美子ちゃんはこう言い張った。

「ううん、動いてない。パパのお名前は昨日からず~っと、あそこの一番上から動いてないんだよ」。まだ勝つということが分からない年齢だから、「子供たちもピンと来ていない」と、父親は優勝インタビューで苦笑したが、今年8歳を迎えた優美子ちゃんはおぼろげながらも理解していたのだ。「強いパパ」が帰ってきたということを。

4打差首位につけた前日3日目から宣言していた。「通算20アンダーを出す」。それはつまり、いちども首位を譲らずに大差で勝つということだった。ショットは、自身初の賞金王を取った2001年に匹敵するくらいの出来だった。特にこの週、アイアンショットが「ずば抜けて良い」と言い切れるほど冴え渡っていた。

5月から握った長尺パターも好調だった。死角はどこにもなかった。だからこそ、こう思えた。「ぶっちぎりで勝って、大会を盛り上げたい。強い伊沢が戻ってきたことを、印象づけたい」。

それは、再び蘇ってきた“歴代の賞金王”としての自覚でもあった。2位以下をこの日一度も寄せ付けず、4打差つけて迎えた最終18番。 7番アイアンで打った第3打は、自然と体が動いていた。ピンをデッドに狙って右3メートル。これをねじ込み、有言実行のツアー通算15勝目。

よほどの確信がない限り、強気なことは言わない男だ。いつもありのままの自分を、ありのままの言葉でしか語らない。だから時には淡々と素っ気なく、面白みに欠けることもある。だが、この日の優勝インタビューは違っていた。「この優勝は、完全復活といっていい」と言い切った。

賞金ランクは9位に浮上して、トップを走るS.K.ホとの差額を知りたがった。 「約2500万円差・・・。周囲も期待しているでしょうし、その準備も整っている。これからじゃんじゃん、勝ち星を重ねていけそうな自信があるからね」。 普段はあまり多くを語らない男が、自身3度目となる賞金王獲りをねらうと公言した。プレーだけでなくその肉声でも、強い伊沢を印象づけた

※文中の賞金ランキングは、海外の獲得賞金を含んだものです。

提供
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 アンダーアーマーKBCオーガスタゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。