ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

「カチンときた」鈴木愛 悪天候に耐えて14位で決勝へ

2018/09/07 19:25


◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 2日目(7日)◇小杉CC(富山)◇6605yd(パー72)

猛烈な雨風の中でフラストレーションはたまるばかりだった。午前中にプレーした鈴木愛は18分間の中断を挟んだ厳しい条件下で、2バーディ、1ボギーの「71」。右手首痛の影響で約2カ月ぶりとなった復帰戦で、14位タイで決勝ラウンドに進んだ。

<< 下に続く >>

早朝に降り始めた雨は、時間の経過とともに激しくなった。午前7時半過ぎにスタートした鈴木は、途中からレインウェアに身を包んだ。「(前半)7番とか、11番ではホントに雨風がすごくて『やるんかな…?』というくらいだった」。

2バーディを奪い、“待ちに待った”中断のホーンは午前11時59分。後半16番の第1打を放った後に響いたが、その直後に雨脚は弱まった。「晴れてきたので『(再開して)もう、行こうやぁ』と思ってました。中断するタイミングはそれまでにいくらでもあったのかな…みんなと話しながら思いました」。午後0時17分に再開し、直後の2打目をグリーン手前のラフに外してボギーとすると、思わず「カチンときました(笑)」。最終18番で5mを沈めてボギーを回避し、「最後がパーだったので、きょうは良しとします」と怒りを静めた。

開幕前の目標だった予選通過を上位で果たし、「トップ10を目指します」と次の目標を定めた。鈴木らがプレーを終えた後、午後の空は晴れ渡ったものの、週末の天候も不安定な見込み。「バーディ合戦よりもパーを重ねる方が好き。こういうタフなコースの方が好き。天候が荒れてくれると、他の選手よりもパーを重ねられるかなと思う」。タイトル争いにいきなり加わる可能性も十分だ。(富山県射水市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!