ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

鈴木愛が2カ月ぶりの戦線復帰「ハードルはすごく低め」

2018/09/05 16:53


◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 事前情報(5日)◇小杉CC(富山)◇6605yd(パー72)

昨年度の賞金女王で、今季もランキングトップを走る鈴木愛が帰ってきた。右手首痛で約2カ月間戦列を離れ、今週の国内メジャー第2戦で復帰する。開幕前日のプロアマ戦で最終調整を終え、復帰戦の目標を「決勝ラウンド進出」に定めた。

7月初旬の「ニッポンハムレディス」期間中に患部に痛みを覚えたという鈴木は、その後の海外メジャー「全英リコー女子オープン」をはじめ、8週にわたって夏場の試合を欠場した。一度は3週前の「CATレディース」での復帰を目指したが、「トレーニングをやりすぎたことで悪くなってしまった」という。カムバックが2014年のツアー初優勝、16年に大会2勝目を挙げた試合となり「選手権には出たかったのでホッとしています」と息をついた。

現段階で痛みは「まったくない」というが、ゴルフの状態は本調子からは程遠い。練習場での打ち込みや、打ち方もセーブしている段階だ。

前週金曜日(8月31日)にラウンドを再開し、今大会のコースでは月曜日(3日)から連日練習ラウンドを行った。「(感覚と結果に)一番のギャップを感じているのがパター。思ったところに打ち出せない。アドレスも打っている感じもしっくりこない。一番細かい動きをするので感覚が大事」とスコアメークに苦労することを覚悟している。だから「(今大会の)ハードルはすごく低め。予選通過。まずはイーブンパーくらいで回れないと、4日間は厳しいかなと」と冷静に語った。

6月の「ニチレイレディス」までにシーズン4勝をマークし、約2カ月“不在”にしたが、賞金ランキングのトップは揺るがなかった。「絶対に抜かれると思っていたけれど…。それでも差が詰まると自分のプレッシャーにもなる」。現況も刺激に2年連続の女王のタイトルにもう一度まい進する。(富山県射水市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには今綾奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。