ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

イ・ボミが背中痛で途中棄権「スイングできない」

2018/09/07 10:24


◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 2日目(7日)◇小杉CC(富山)◇6605yd(パー72)

2013年大会チャンピオンのイ・ボミ(韓国)が第2ラウンド途中で背中痛を訴えて棄権した。同選手の途中棄権は2016年の「日本女子オープン」(体調不良)以来。

初日に5オーバー120位と出遅れていたイは、雨が降った2日目の午前7時26分にインからティオフ。序盤からボギーが続き、イン9ホールを「43」(パー36)とした。折り返しの18番を終えたところでクラブハウスに引き上げた。

「朝起きて、腰と背中に張りがあった。少し不安なままコースに来たんですけど、練習場でもスイングをするときに少し違和感があった。痛み止め(の薬)は飲まずにスタートしたけれど、だんだん痛みが出てきた」と状態を説明した。

「スイングもあまりできず、とてもプレーを続けられる状態じゃない。バックスイングをするときから痛い」。今後の処置については「トレーナーに診てもらい、ケアをしてから状況を見ながら病院に行くか判断したい」として、主催者などに挨拶をしてから午前10時過ぎにコースを去った。

次週14日(金)開幕の「マンシングウェアレディース東海クラシック」(新南愛知CC美浜コース)への出場を予定している。「来週はホステスプロの大会。早く治して、来週からまた良いプレーができるよう頑張りたい」と意欲を口にした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。