ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

「期待に応えられない」イ・ボミは清水キャディと“一時離別”

2018/09/05 17:30


◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 事前情報(5日)◇小杉CC(富山)◇6605yd(パー72)

イ・ボミ(韓国)が6シーズンにわたってコンビを組んできた清水重憲キャディと、“一時離別”したことを明かした。タイトル争いからも遠ざかっている現状を受け自ら決断した。2013年に優勝した大会でリスタートを切る。

イは清水キャディに13年からバッグを任せ、16年には2年連続で賞金女王のタイトルを獲得したが、昨年は1勝で賞金ランク23位に終わった。今シーズンはここまで出場15試合でトップ10入りがなく、予選落ちが7回。「成績が悪くて、清水さんが言うことを私ができないことも悔しく、プレッシャーになっていた。期待に応えられないのが申し訳なく思った」という。

今後の専属キャディについては「まだ分からない」とし、今週はスポットでイの練習拠点である兵庫・マスターズゴルフ倶楽部の女性研修生を起用する。

前週の「ゴルフ5レディス」は開幕前に急性腸炎を訴えて欠場した。「休んで体調は良くなりました。良かったです」という復帰戦には、コーチのチョ・ボムス氏を韓国から招いてスイングの指導を仰いでいる。自身の基礎を築いてくれた力強い援軍にも「今はまだ分からないです。自分のスイングを考えるだけで…」というのが本音。「(ラウンド中にスイングを)考えなくなったらマネジメントもできるし、パッティングも良くなる」と先を見据えた。

日本女子プロゴルフ協会主催の今大会は、プロアマ戦出場のプロが、前年覇者をはじめ永久シード選手、今季の優勝者に次いで賞金ランキング順で選ばれるシステム。ランク92位のイはリストに入らず、開幕前日をコースでの打ち込みに当てた。

報道陣に対応しながら「こうやって(キャディの)質問を受けることで、『一度清水さんと終わったんだ…』と実感する。いつまでも自分の中には清水さんがいる」と思いにふけった。「ただ、清水さんがいない自分も楽しみ。忙しくなるな…と心配ですけど、ひとつひとつ準備しながらやりたい。私が良くなったら、(清水キャディに)もちろんお願いしたいです」。復活の先には、コンビ再結成という願いもある。(富山県射水市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。