ニュース

国内女子日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

イ・ボミ 自己ワーストの120位発進「悩みながら回った」

2018/09/06 18:44


◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯 初日(6日)◇小杉CC(富山)◇6605yd(パー72)

復調が待たれるイ・ボミ(韓国)は2バーディ、5ボギー1ダブルボギーの「77」と崩れ、5オーバーの120位タイ(出場132人)と出遅れた。2週前の「ニトリレディス」での110位を更新する第1ラウンド終了時点でのワースト順位。「フェアウェイキープも半分(7ホール)、パーオンも8回しかできなかった。そのデータ通りのスコアかなと思う」と、うつむいた。

ひとつのミスが後退の引き金になってしまう。イは前半2番(パー5)でバーディを先行させながら、5番の第1打を右サイドに曲げて4番(パー3)から2連続ボギーとすると、序盤の好感触を失った。「自分のタイミングが合わなくて、そこからまた悩みながら回った」。折り返しの9番でダブルボギーをたたき、後半はさらに2つスコアを落とした。

2013年に優勝した今大会を前に、直近6シーズンにわたってバッグを預けてきた清水重憲キャディと離別した。拠点の兵庫・マスターズゴルフ倶楽部の女性練習生をスポット起用したが、プレーしたこの日の午後は強風が吹くコンディション。「風向きもすごく難しかった。でも悩むときも我慢して…」と言いつつ、「ショットが悪いから、マネジメントをうまくやってもできない感じ」と出遅れの原因の矛先を、自身の状態に向けた。(富山県射水市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。