ニュース

国内女子宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

6連続もハーフ「29」も初めて ささきしょうこは21歳最後の日にゾーンへ?

◇国内女子◇宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 初日(7日)◇六甲国際GC(兵庫)◇6525yd(パー72)

バーディ列車が止まらない。あすが22歳の誕生日というささきしょうこが3番から6連続バーディを奪うなどし、前半ハーフで7アンダー「29」をマークした。6連続バーディも、ハーフ「29」も初めて。後半は1ボギー「37」だったが、通算6アンダーの4位と好位置で滑り出し「うれしいです」とほおを緩めた。

「鳥肌というか、面白かった」という6連続。1番(パー5)をバーディとした後、3番(パー3)2m、4番(パー5)2.5mを沈めると、5番はグリーン奥から9ydをチップイン。6番(パー3)2m、7番5m、そして8番7mとバーディパットはことごとくカップに消えた。

「不思議なゴルフ。ショットもそんなに完璧じゃないけど、ある程度思った通りの感じだったし、パターも普段入らない長い距離が入ってくれた。みなさんたくさん入っているときは“何も考えないで入った”とか言うけど、私の場合はいろいろ考えながらやっていた。ラインを膨らませて読んでいて、“タッチが弱かったら入るかな”っていうやつが、本当に『あ、弱い』って入ってくれたりした」

9番は難しいバンカーから、4mを沈めてナイスパー。連続バーディは途切れたが、好プレーは続いていた。

1ボギーの後半も「悪いゴルフはしていなかった。アンラッキーの中でも気持ちを切らさずパーを拾えた。18番もちょっとひやひやだったけど、21歳最後にボギーは嫌だと思って、パーで抜けられて良かったです」と3mのパットを沈めて満面の笑み。

あすも、1歳大人になった笑顔を見られるか?(兵庫県神戸市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。