ニュース

国内女子LPGAツアー選手権リコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

最難関の最終18番 賞金女王争いのカギを握るか

◇国内女子メジャー第4戦◇LPGAツアー選手権リコーカップ 3日目(25日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6448yd(パー72)

シーズン最終戦は、通算13アンダー首位のテレサ・ルー(台湾)、2打差の2位イ・ミニョン(韓国)が優勝争いを演じている。今大会の結果を受けて決まる賞金女王争いも大詰めだが、最終18番がカギを握りそうだ。

<< 下に続く >>

宮崎CCの最終18番400ydのパー4は、左ドッグレッグで2打目地点から2段グリーンに向けて打ち上げ。グリーンは激しい傾斜に加え、周辺に厄介なティフトン芝が生えており、下りのパットを外すと止まらない。3日間の平均スコアは「+0.3(4.3)」と最難関。バーディは5個と最少で、ボギーは最多の26個。ダブルボギーは3つを数えた。

この日同ホールでバーディを奪ったのはルー、イ、成田美寿々の3人。「67」を出して3位に浮上した成田は「カップ7個分くらいを想定」した激しい6mのフックラインをねじ込んだ。「(バーディを)狙っていたわけではなかったけど、ふくらませてタッチをあわせようと思っていた。良い終わり方が出来た」と取り囲む観客の声援に手を上げて喜んだ。

最終組で同組のイとルーはショットで奪った。先にイが155ydから6Iでコントロールショットして上3mにつけると、続くルーは145ydから8Iでフルショットし下1mにピタリと止める技術を見せた。

ちょこんとパターを当てるように下りのパットを決めた賞金ランク3位のイは「ドキドキして鳥肌が立った」と興奮気味。逆転賞金女王には優勝に加えて、同ランクトップの鈴木愛が単独15位以下となるのが条件で「(トップのルーにあす)追いつくにはコレを決めないと厳しいと思った」と振り返った。

2008年最終日の18番では不動裕理が短いバーディチャンスから3パットし、古閑美保に賞金タイトルが舞い込んだ。数々のドラマを生んできた最終ホールは今年、どんなエンディングを見せてくれるのだろうか。(宮崎県宮崎市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 LPGAツアー選手権リコーカップ




特集SPECIAL

2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!