2020/09/10日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

青木瀬令奈とイ・ミニョンが首位発進 笹生優花2打差5位

「66」をマーク。8番(パー3)でホールインワンを記録したミニョン(韓国)と並んで、6アンダー首位発進を決めた。 「プロの中の1番を決めるっていう熱い想いもあるし、生涯残ることなので、会員である以上は
2020/08/03ゴルフ5レディス

9月「ゴルフ5レディス」も無観客 開幕から4試合連続

ウイルス感染症対策ガイドライン』に則り、できる限りの感染予防対策を講じてまいります」としている。 茨城県のGOLF5カントリーサニーフィールドで開催された昨年大会はミニョン(韓国)が優勝した。
2020/11/13伊藤園レディス

キム・ハヌルが単独首位 渋野日向子20位発進

覇者でホステスプロの前田陽子のほか、ユン・チェヨン、ミニョン・ナリの韓国勢、菅沼菜々、吉本ひかる、木村彩子がつけた。 不動裕理、大山志保、有村智恵らベテランが3アンダー12位で続いた。 国内
2020/11/22大王製紙エリエールレディス

古江彩佳が2週連続優勝 渋野日向子「66」で今季ベスト5位

プレーし、通算15アンダーとして後続に3打差をつけ、「伊藤園レディス」から2週連続優勝を遂げた。今季3勝目で、アマチュア時代(2019年「富士通レディース」)を含むツアー通算4勝目。 ミニョン
2020/11/08TOTOジャパンクラシック

申ジエが今季2勝目 笹生優花が「63」で2位

賞金女王でディフェンディングチャンピオンの鈴木愛、ミニョン(韓国)が続いた。 4アンダー28位から出た渋野日向子は2バーディ、ボギーなしの「70」で回り、通算6アンダーの30位。今季ツアー初戦の・ボミ…
2020/11/21大王製紙エリエールレディス

2週連続Vへ古江彩佳が単独首位に浮上 笹生優花2打差

。 15位から出て「65」で回った菊地絵理香が通算8アンダーで3位につけた。首位から出た西村優菜は「71」と伸ばせず、渡邉彩香、ミニョン(韓国)、永井花奈と並んで通算7アンダー4位に後退した。 上田
2020/09/02ゴルフ5レディス

笹生優花は10代初の3戦連続Vなるか 練習場からYouTube配信

の茨城・GOLF5カントリーサニーフィールドから岐阜・GOLF5カントリーみずなみコースに移した。同会場での開催は申ジエ(韓国)が制した2018年以来2年ぶり。前年の茨城ではミニョン(同)が優勝し
2020/11/07TOTOジャパンクラシック

申ジエが単独首位に 渋野日向子は9差28位

立った。10月「富士通レディース」で通算25勝目を飾り、最終日最終組から今季2勝目を目指す。 通算12アンダー2位は木村彩子、通算11アンダー3位はミニョン(韓国)、通算9アンダー4位はペ・ソンウ
2020/09/12日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

ルーキー西村優菜が単独首位で最終日へ 笹生優花は2打差4位

好調を維持している笹生優花は3バーディ、ノーボギーの「69」でプレー。通算9アンダー4位で、2週連続優勝を目指す小祝さくら、永峰咲希、高橋彩華と並んだ。 通算8アンダー8位にミニョン(韓国)、木村
2020/09/06ゴルフ5レディス

小祝さくらが6打差圧勝でツアー2勝目 黄金世代4人目

、畑岡奈紗、渋野日向子に続く4人目となった。 通算11アンダー2位は古江彩佳、渡邉彩香の2人。最終日を2位から出た比嘉真美子は「71」と1つ伸ばすにとどまって、ミニョン(韓国)と並んで通算10
2020/09/19デサントレディース

「最強アズマ軍団」 キャプテン東浩子が首位浮上

福田真未や堀奈津佳、1勝の青木瀬令奈、葭葉ルミや香妻琴乃、さらにミニョンやペ・ヒギョン(ともに韓国)もいる。新型コロナウイルス感染拡大前までは月1回のペースで食事会、優勝者が出ればその都度会を開いて
2020/08/26ニトリレディス

再入国でツアー初参戦 ユン・チェヨンが明かした韓国勢の不安

ようにしていきたい」と隔離期間を明けて参戦することの難しさを語った。今季ツアー初参戦する海外勢はユンのほかにペ・ヒギョン、ミニョン・ソルラ、全美貞(いずれも韓国)の4人。ツアーメンバー全員が揃う日が…
2020/07/14NEC軽井沢72

8月「NEC軽井沢72」無観客開催へ 国内女子2戦目もPCR検査実施

ございます」と付け加えた。 昨年大会は穴井詩がミニョン(韓国)とのプレーオフを制して優勝。3位に入った渋野日向子は、同週開催の米ツアー「ASIスコットランド女子オープン」(ルネッサンスC)への推薦出場に意欲を示している。