ニュース

国内女子LPGAツアー選手権リコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

シードボーダー初の2000万円超え 日本勢勝率4割切る

国内女子ツアー最終戦「LPGAツアー選手権リコーカップ」を終え、2016年の国内女子ツアーは37試合(熊本地震のため「KKT杯バンテリンレディス」は中止)の全日程を終えた。5勝を挙げたイ・ボミ(韓国)が2年連続で賞金女王に輝き、ポイントレースのメルセデス・ランキング、主要スタッツ部門4部門(平均ストローク、パーオン率、パーセーブ率、リカバリー率)も制す6冠と、強さが光った。

今年は10月の「日本女子オープン」で、畑岡奈紗(ルネサンス高3年)がアマチュアとして初のメジャー優勝を果たした。宮里藍の18歳110日を更新するツアー史上最年少(17歳271日)でプロ転向を果たし、新風を吹き込んだ。賞金ランク50位までに与えられる来季シード選手には、初シードを獲得した7人がランクインし、その平均年齢は27.6歳だった。

一方で、ツアー通算6勝を挙げている茂木宏美は13年連続で維持した賞金シードをランク51位で喪失、50位とはわずか3万円差だった。茂木はツアーからの撤退を表明した。同じく6勝を挙げ、10年連続でシードを維持してきたベテラン北田瑠衣も賞金ランク70位に沈んだ。2013年賞金女王の森田理香子もランク69位でシード落ち。最終予選会(ファイナルQT、29日開幕)出場でラストチャンスに挑むことになった。

日本人選手の優勝は14試合にとどまり、韓国勢17勝、ほか6勝と外国勢が圧倒した。この結果を受けて日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長は「日本勢はもう一押しと言ったところ。賞金レースは海外勢が引っ張ったが、強い選手がいるからこそ全体的な底上げにもなったと思う。ひとりひとりのレベルが伸びてきている証拠」と話した。

賞金シードのボーダーラインは、史上初めて2000万円を突破するハイレベルな戦いとなった。賞金総額が過去最高の35億2000万円だった今シーズン。「下位をグッと持ち上げて、上位はひと伸びという印象。勢いのある若手選手が出てきたことで(上位が刺激され)力を発揮できる」(小林会長)と分析。来季のさらなるレベルアップに期待を寄せた。(編集部・糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 LPGAツアー選手権リコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。