ニュース

国内女子アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKIの最新ゴルフニュースをお届け

逆転負け続いたスマイルクイーン キム・ハヌルの弱気をはねのけた両親の言葉

2016/03/27 17:12


苦杯をなめた最終日を克服した。国内女子ツアー「アクサレディス」最終日。首位から出たキム・ハヌル(韓国)が逃げ切った。前週までの2大会は初日、2日目と首位に立ちながら最終日に逆転負けを喫した。この日は5バーディ、2ボギーでプレー。瞬間最大9.4mの風が吹く難コンディションで唯一の60台となる「69」と伸ばし、後続を突き放した。完全優勝に笑顔を弾けさせた。

2mのウィニングパットを沈めると、スマイルクイーンは両手を突き上げた。「PRGRレディス」「Tポイントレディス」と2週連続で、最終日を「74」(ともにパー72)とスコアを落とした。もう優勝はできないのか、と落ち込んだ。弱気をはねのけたのは両親の言葉。「去年(の成績)を見てみなさい。今年はどれだけ頑張っているか」。力が湧いた。

<< 下に続く >>

この日は、出だしから飛ばした。2番では7m、3番では1mと連続バーディを奪った。2打差に詰められた16番で12mのバーディパットを沈めると勝利を確信し、小さく拳を握った。

大好きな日本のコンビニスイーツで、最近のストレスを解消した。「日本のケーキは本当においしい」。コンビニで居合わせた客に気づかれることも、たまにある。「でも、そういうのが力になる」と言う。

今季は、開幕からの4試合すべてでトップ10入りしている唯一の選手だ。昨季は26試合の出場で4回。昨年の自分にはすでに追いついた。目標は賞金ランクのトップ10入り。日本語にはまだ自信がない。通訳を介して答え、少し恥ずかしそうにインタビュー室を出た。もちろん笑顔だった。(宮崎市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには井上りこ選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!