ニュース

国内女子アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKIの最新ゴルフニュースをお届け

キム・ハヌルが3度目の正直でツアー2勝目 5打差ぶっちぎり

◇国内女子◇アクサレディス in MIYAZAKI 最終日◇UMKCC(宮崎県)◇6494yd(パー72)

単独首位で出たキム・ハヌル(韓国)が5バーディ、2ボギーの「69」でプレーして、通算9アンダーに伸ばし、初日からの首位を守る完全優勝を遂げた。昨年9月の「マンシングウェアレディース東海クラシック」に続く、ツアー通算2勝目。

15番までに後続に2打差と詰められた。16番(パー3)で約12m、18番(パー5)で約2mを沈め、最終的には後続に5打差をつけて逃げ切った。今週まで3週連続で初日、2日目の首位を維持して最終日を迎えながら、前2週は優勝を逃しており、3度目の正直となった。

通算4アンダーの2位に申ジエ(韓国)。通算2アンダーの3位に前年覇者の笠りつ子菊地絵理香永田あおいテレサ・ルー(台湾)、福田真未アン・ソンジュ(韓国)、堀琴音吉田弓美子の8人が並んだ。

アマチュアの勝みなみ(17=鹿児島高2年)は4バーディ、3ボギーの「71」でプレーして通算1アンダーの11位で終え、ローアマチュアを獲得。地元宮崎勢では、通算1オーバーの大山志保が20位でフィニッシュした。

関連リンク

2016年 アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストには勝みなみプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~