ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

柏原明日架が初の賞金シード滑り込み 日本人36人は2010年以降最多

今季の国内女子ツアー第36戦「大王製紙エリエールレディスオープン」を終え、来季の賞金シードが確定した。シード入りとなる賞金ランキング50位の柏原明日架と、51位の福田裕子との差は、わずかに2万3167円だった。

先にホールアウトした柏原は、この日「73」で回って通算2オーバー。11万3167円差で追う福田は、この日「72」の通算1オーバーでホールアウト。同順位の人数で獲得賞金が変わるため、大勢が判明したのは2人のホールアウトから1時間ほど経過した後。福田が31位タイで72万円、35位タイの柏原が63万円を稼いだため、賞金ランキングに変動はなかった。

初シードとなった柏原は「(下部の)ステップアップツアーで悔しい思い(2位3回)をした分、最終日の18ホールで気持ちを保つことができたと思う。4日間本当に長くて、やりきったという感じ。こんなに早く良い経験が出来て、ゴルフは勉強ばかりだと思う」と語った。

ほかに初シードを獲得したのはキム・ハヌル(賞金ランク23位)、青木瀬令奈(27位)、ペ・ヒキョン(32位)、堀琴音(33位)、ジョン・ジェウン(35位)、永峰咲希(39位)、松森彩夏(40位)の計8人。一方で、馬場ゆかり横峯さくら有村智恵比嘉真美子堀奈津佳らが圏外となった。

賞金シード選手50人の平均年齢は27.3歳(2015年12月31日時点)で、昨年の27.1歳からわずかに上がった。また、日本国籍選手は36人で、これは2010年以降で最多(2009年は37人)となった。(福島県いわき市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2015年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。