2018/04/22フジサンケイレディス

頑固者・永峰咲希が初V「想像より何倍もうれしい」

プレーオフ2ホール目。菊地絵理香が2mのパーパットを外し、永峰咲希にプロ初優勝が転がり込んだ。 「(菊地の)パットが外れたときは、何が起きたのかわからなかった。優勝が決まったのか? みたいな心境でした
2018/05/26リゾートトラストレディス

永峰咲希ら3人が首位 鈴木愛、勝みなみが2打差5位

◇国内女子◇リゾートトラストレディス 2日目(26日)◇関西ゴルフ倶楽部(兵庫県)◇6569yd(パー72) ツアー1勝の永峰咲希が4バーディ、ボギーなしの「68」で回り通算9アンダーとし、ともに未
2018/04/13KKT杯バンテリンレディス

「かなり我慢するタイプ」永峰咲希は勝負強さを発揮

◇国内女子◇KKT杯バンテリンレディスオープン 初日(13日)◇熊本空港CC(熊本県)◇6428yd(パー72) 22歳の永峰咲希は4バーディ、2ボギーの「70」で回り、首位と1打差の2アンダー2位
2018/04/22フジサンケイレディス

【速報】菊地絵理香と永峰咲希のプレーオフへ

菊地絵理香と永峰咲希によるプレーオフに委ねられた。18番の繰り返しで行われる。 ツアー初優勝がかかる永峰は、5位スタートから6バーディ、1ボギーの「66」。菊地は6位から7バーディ、1ボギーの「65」と
2018/07/24ツアーギアトレンド

テーラーメイド「グローレ」の後継モデルをツアー現場で発見

現場に初お目見えした。今大会の会場にメーカーが持ち込んだのはわずか1本。契約プロの永峰咲希が先陣を切ってテストラウンドし、ほかの契約プロたちも使いまわす形で次々にテストを行った。 メーカー担当者によれ
2017/09/23ミヤギテレビ杯ダンロップ女子

「メリハリのあるゴルフ」で永峰咲希が首位浮上

◇国内女子◇ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 2日目(23日)◇利府GC (宮城)◇6551yd(パー72) 今シーズン5人目の初ヒロイン誕生なるか。22歳のプロ4年目でツアー初優勝を狙う永峰
2018/11/04TOTOジャパンクラシック

永峰、上田、シガンダの同組3人が2位 それぞれの表情

◇米国女子◇TOTOジャパンクラシック 最終日(4日)◇瀬田ゴルフコース 北コース(滋賀県)◇6659yd(パー72) 最終組の2組前で回った上田桃子、カルロタ・シガンダ(スペイン)、永峰咲希の3
2018/04/20フジサンケイレディス

勝みなみが首位発進 成田美寿々と永峰咲希が並ぶ

◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 初日(20日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6376yd(パー71) ルーキーの勝みなみが6バーディ、ボギーなしの「65」で回り、成田美寿々、永峰
2017/09/24ミヤギテレビ杯ダンロップ女子

V逸の永峰咲希、李知姫が見た畑岡奈紗の強さ

◇国内女子◇ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 最終日(24日)◇利府GC (宮城)◇6551yd(パー72) ツアー初優勝を狙い、首位タイで出た永峰咲希は3バーディ、2ボギーの「72」と最終日の
2019/03/27アクサレディス in MIYAZAKI

昨季賞金トップ2不在 日本人開幕連勝続くか

。一方、昨季賞金女王のアン・ソンジュや同2位の申ジエ(ともに韓国)は欠場する。 前年大会2日目まで首位を守った三浦桃香(最終結果は10位)は、41歳の大山志保らと同じ地元大会。イ・ボミ(韓国)は2試合ぶりの出場、アン・シネ(韓国)は主催者推薦で今季初出場、脇元華、永峰咲希と同組でティオフする。
2019/03/07ダイキンオーキッドレディス

松田鈴英が首位発進 諸見里しのぶら1打差2位/女子開幕戦

永峰咲希、原江里菜、小貫麗、山戸未夢、エイミー・コガの9人が続く。 イーブンパーの15位にイ・ボミ(韓国)、上田桃子、新垣比菜ら。1オーバーの27位に畑岡奈紗、宮里美香、鈴木愛、横峯さくら、不動裕理らが並んだ。 前年覇者のイ・ミニョン(韓国)は2オーバーの47位で終えた。
2018/12/07中古ギア情報

今季国内でダントツ最多勝利のシャフト

佑貴、木下裕太、ラヒル・ガンジー、女子はアン・ソンジュ、申ジエ、黄アルム、永峰咲希、福田真未と、稲森を筆頭にフェアウェイキープ率の高い選手が目立つ。 「スピーダー エボリューション 4」は、スピーダー
2018/11/04TOTOジャパンクラシック

畑岡奈紗が米ツアー2勝目 4打差を逆転

野村敏京以来で2年ぶり。10代での2勝目は日本人で初めてとなり、新たな記録をツアー史に刻んだ。 通算12アンダーの2位に上田桃子、永峰咲希、カルロタ・シガンダ(スペイン)の3人。上田は後半の3バーディ
2018/11/20ツアー選手権

29人のシーズン最終戦 前週V勝みなみ、賞金女王アンら出場

位)らもメジャータイトルでシーズンを締めくくりたい。 前年大会を通算15アンダーとしシーズン最多となる4勝目を挙げたテレサ・ルー(台湾)は未勝利で出場。今季初優勝した永峰咲希は地元、同じく香妻琴乃は
2018/11/04TOTOジャパンクラシック

【速報】畑岡奈紗が首位タイで終盤へ

サンデーバックナインへ。11、12番を連続ボギーとし、カルロタ・シガンダ(スぺイン)と並んだ。米ツアー2勝目へ向け、終盤を戦う。 通算10アンダーの3位に永峰咲希、上田桃子らがつけている。 2位スタートの小祝さくらは11ホールを終えて2つ落とし、通算8アンダーとしている。