2019/11/26

安田祐香ら好発進 アン・シネも上位/ファーストQT初日

カントリークラブ (97人)では、同じくプロテスト合格組の安田祐香と西村優菜が1アンダーの6位でスタート。ツアー1勝の松森彩夏は1オーバーの15位で発進した。 山口県の周南カントリー倶楽部(71人)では、24歳
2019/06/02全米女子オープン

「全米女子オープン」日本人成績

51位T横峯さくら、鈴木愛、宮里美香、川岸史果、森田遥、渡邉彩香 予落 2016 野村敏京 11位T横峯さくら、渡邉彩香 38位T原江里菜 69位T宮里美香、佐藤絵美、松森彩夏、大山志保、堀琴音、澤田
2019/05/10ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

アマチュア吉田優利 3球打って即決した新ドライバーで躍動

。「同じ先生(コーチ)に習っている」という松森彩夏が使用していたものを借りて試したところ、3球打って「あっ、もうこれにしよう」と即決するほどの「感覚と“顔”」で、「そのままそっくり同じ風に作ってもらった
2019/04/28フジサンケイレディス

申ジエがツアー通算23勝目 「29」でハーフベストも更新

。きょうも「後輩たちにさまざまなテクニックを見せたい」という思いを持ち、21歳の松田と24歳の松森彩夏とともに回った。「若い選手のパワーが攻撃的に変わった。すばらしいことだと思う。みんなのレベルが上がっ
2019/04/19KKT杯バンテリンレディス

酒井美紀が5アンダー首位発進 1打差に永井花奈ら

首位で発進した。 1打差の2位に永井花奈、大西葵、イ・ソルラ(韓国)の3人。カリス・デイビッドソン(オーストラリア)が3アンダーの5位で続いた。2アンダー6位に、熊本出身の有村智恵、松森彩夏、李知姫
2017/11/30

有村智恵、松森彩夏らが首位浮上/女子最終QT

・ジェウン(韓国)、竹内美雪、シード権を喪失した松森彩夏と首位に並び立った。競技は12月1日(金)までの4日間で行われる。 通算5アンダーの5位に豊永志帆、高橋恵、槇谷香、一ノ瀬優希、篠原まりあの5人。4
2017/11/17大王製紙エリエールレディス

故障との戦いも 5人のツアー優勝者がシード喪失

ラウンド2日間が終了し、ツアー優勝経験のある酒井美紀(同51位)、飯島茜(同52位)、松森彩夏(同65位)、藤田光里(同87位)、福嶋浩子(同89位)の5人は決勝ラウンドに進めず、シード喪失が決定した