ニュース

国内女子アクサレディス in MIYAZAKIの最新ゴルフニュースをお届け

100人目の2億円突破へ 藤本麻子、人生初?のキリ番獲得

人生初の?キリ番ゲットへ。藤本麻子が「アクサレディス in MIYAZAKI」2日目を通算1オーバー27位で終えて予選を通過し、史上100人目として生涯獲得賞金2億円を突破することが確実になった。

2011年「伊藤園レディス」で初優勝した藤本は、昨年の賞金ランキング29位。今季も開幕3戦まで5位、12位、3位と好成績を残し、これまでの生涯獲得賞金を1億9989万9881円まで積み上げている。

2億円到達まで残り10万119円となっているが、自身の169試合目となる今大会は、60人(うち賞金対象外となるアマチュア1人)が決勝ラウンドに進み、単独59位に終わっても24万8000円の賞金を得られる。

昨年9月に若林舞衣子が99人目で生涯獲得賞金2億円を達成しており、藤本は100人目となる。

この事実を知らなかったという藤本は「良かった。キリがいい。くじもコンビニでジュースが当たるくらいで、“ぴったり”は全然ない」と驚いた。

インスタートとなったこの日、前半で3つのボギーを喫して予選通過が遠のいたが、風が強く舞い始めた後半に挽回した。1番(パー5)で残り40ydの第3打をピンに寄せて“OKバーディ”。2番(パー3)では7mをねじ込んで連続とすると、8番(パー5)では残り57ydを、58度のウェッジで直接カップに沈めた。

「風も難しく、日に日にグリーンも速く硬くなっていったけど、パットが入ってくれた。先週みたいなフィーリングは出せていないが、きょうは何となく合ってきた」と振り返った。

予選は通ったが、実際に賞金を得るには最終日の競技を完走する必要がある。「今日はおとなしく寝て、明日はおとなしく起きて、無事に終えたい」と笑った。

いずれも首位と6打差の38位タイにつける一ノ瀬優希が優勝、イ・ジウ(韓国)が単独3位以上に入った場合も、生涯獲得賞金が2億円を超える。(宮崎県宮崎市/片川望)

関連リンク

2015年 アクサレディス in MIYAZAKI




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~