ニュース

国内女子ヨコハマタイヤPRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

藤本麻子「自分は弱い」 プロ6年目の新境地

2014/03/14 18:31


高知県にある土佐CCで開幕した国内女子ツアー第2戦「ヨコハマタイヤPRGRレディスカップ」初日。強風と硬いグリーンに多くの選手たちが苦しみ、アンダーパーをマークしたのはわずかに6人という状況の中、23歳の藤本麻子が3アンダーで首位に並んだ。

2番(パー3)で10メートルのバーディパットを沈めて勢いに乗った。その後は11番までにさらに3バーディを積み上げて、ボギーは13番の1つだけ。「パッティングがうまくいった」。一方で「まだショットの距離感が合っていない」。コースはアップダウンがあり、フェアウェイにも傾斜が掛かる。平らなライとは違った微調整が、強風の中で求められている。

4歳からスキーを始め、モーグル選手を目指していたという藤本は、「今でも冬はゴルフよりもスキーをしている方が好き」というウィンタースポーツファン。今オフには家族で北海道旅行に行き、数年ぶりのパウダースノーも満喫した。その後のソチ五輪では、浅田真央に感動した。「あの状況で自分の力をすべて出し切るのはスポーツ選手として尊敬できる。すごいとしかいいようがない」。もちろん、自身の“オリンピック出場”への情熱も「強いです」。

昨年の今大会でも初日「66」で単独首位発進をしたが、2日目以降は「72」「76」と尻すぼみで31位タイに終わっている。課題だったメンタル面の弱さは、開き直ることで克服の兆しも掴んだ。「“自分は弱い”と思ったら、気楽にプレー出来るようになりました」。

強さと弱さ。精神面をコントロールできるようになったのは、プロ6年目の成長か。2011年の「伊藤園レディス」以来となるツアー2勝目へ、昨年と同じ失敗は繰り返せない。(高知県香南市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ヨコハマタイヤPRGRレディスカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには吉本ひかるプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。