ニュース

国内女子ヨネックスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

藤本麻子、徳光和夫の色紙に感化

2013/06/08 18:08


「ヨネックスレディス」2日目、1番(パー5)で早速陰険なムードになったのは、藤本麻子とキャディを務める父の信吾さん。「ラインとかタッチとか。グリーン上で意見の食い違いがあって、出だしのボギーで喧嘩してしまった」と藤本は気まずそうに振り返った。

「でも・・・」と続ける。「去年までは、そうなると18ホール口をきかないこともあったけど、今日は2番ですぐ仲直りしました」。2人は1番から2番へと続くインターバルで、それぞれ意見を交換し、今日の方針を決めたという。「お互い“ごめん”は言わないんですけどね(笑)」。

グリーン上で目標に向けて球をセットするが、その通りに立てないことがあるという藤本。アドレスの向きを父にチェックして貰うが、タッチは藤本が担う。すぐに2番で8メートルにフックラインを沈め、勢いに乗った。18番までに5バーディを奪い、通算5アンダーは首位と3打差の6位タイに浮上し最終日へ臨む。

今週、プロアマで初めて一緒にラウンドしたアナウンサーの徳光和夫氏に、サインをねだったという藤本。その色紙には“今日の自分に明日勝て!”と書かれていたという。「今の私には、もってこいの言葉かなと。今日もその言葉を思いながら、ラウンドしました」と、大事に胸にしまい込み、1打1打を紡いでいる。

2年ぶりの2勝目を目指す最終日、明日の目標を尋ねると「父と喧嘩しないこと!」と藤本は笑いで締めた。(新潟県長岡市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ヨネックスレディスゴルフトーナメント

サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント ライブ中継

GDO パーソナルサービス
選べるモバイルサービス。見たい時にいつでも見れる、GDOモバイルのニュース速報。石川遼オフィシャルモバイルサイト。GDOポイントが貯まる、ゴルファーのためのGDOカード。通常プレーすることができないゴルフ場が予約できるGDOプレミアム倶楽部。GDOが主催するレベル別の競技イベント、各コンペなど、あなたのゴルフライフをサポートとします。



特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。