ニュース

国内女子ヨコハマタイヤPRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント集/ヨコハマタイヤPRGRレディスカップ 初日

全美貞 8バーディ、ノーボギー「64」 8アンダー首位

「ショットもパットも良い流れの中でラウンドできた。昨年の手首のけがはほぼ治ったが、右のひざが良くなくて、ラインを読むときにしゃがむと痛い。(2013年のこの大会が最後の優勝)コースとの相性は良い。勝ちたい気持ちはモリモリあるけれど、気力と体力を少しずつ上げていきたい」

木戸愛 6バーディ、2ボギー「68」 4アンダー5位

「13番までは粘り強いゴルフができたが、14番のボギーから思うように集中できなくなった。ミスに関して、切り替え上手にならないといけない。最終日のバックナインで起きたらだめなので、そういう意味では初日で良かった」

勝みなみ(アマ) 2バーディ、2ボギー、1ダブルボギー「74」 2オーバー61位

「ショットは悪くも良くもないが、パターが苦戦した。(3番で4パットしダブルボギー)3、4mのファーストパットが1mオーバーして、2パット目が1mちょっとオーバー。返しも入らなかった。全然ラインが分からなかった。後半は3mくらいのバーディパットが結構あったが、決められなかった。『何やってんの』って感じ」

アン・ソンジュ 3バーディ、3ボギー、1ダブルボギー「74」 2オーバー61位

*初日終了後、右手首痛で棄権
「今週は下(地面)が硬く、昨日のプロアマで痛みが出た。病院に行ってしっかり治療したい。無理はしたくないし、いつ戻るか、いまは分からない。ヤマハ(レディースオープン葛城)はディフェンディングチャンピオンだが、それまでに完治するのは難しいと思う。自分の身体を、自分でケアできなかったのがいけないこと」

関連リンク

2015年 ヨコハマタイヤPRGRレディスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~