ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

諸見里しのぶ、金田久美子らがシード喪失

今大会で22位に入り、逆転でシード権を掴んだイ・ジウ

2014年シーズンは次週「LPGAツアー選手権リコーカップ」で最終戦となるが、同大会は今季の優勝者や賞金ランキング上位25選手など出場人数が絞られるため、今週の「大王製紙エリエールレディスオープン」が来季のシード権をかけた最後の戦いとなった。

賞金ランキング上位50位が獲得する来季のシード権。46位のフォン・シャンシャン(中国)が出場義務試合数に達しなかったため対象外となり、51位がボーダーラインとなった。

今週、生き残りをかけた戦いで、逆転でシード権を掴んだのはイ・ジウ(韓国)ただ1人。大会を22位で終え、ランキング50位に滑り込んだ。逆に山城奈々が予選落ちに終わり、同54位とシード圏外にはじき出された。

約79万円足りずシード権に届かなかった工藤遥加

イと同様に逆転シードを狙った工藤遥加は最終日に3つ伸ばしたが順位は15位タイ。ボーダーラインには728,250円届かず、ランキング53位で12月のファイナルQTに進むことになった。「チャンスはあったけど本当に悔しい。最後もイーグルを獲りたかったけど、力が入ってしまった・・・」。あと一歩届かなかった工藤は、言葉少なく帰路についた。

また、不動裕理も先週までの51位から52位に下がったことで、17年間自力で維持してきた賞金シード枠入りを逃した。不動は永久シードを保持しているため、来季もこれまで通り試合に出場できるが、若林舞衣子中村香織金田久美子ヤング・キム(韓国)、ウェイ・ユンジェ(台湾)、福田裕子諸見里しのぶ三塚優子青山加織櫻井有希の10人がシード権を喪失し、来季ツアーに出場するためにファイナルQTを受けることになる。

今年は鈴木愛(20歳)、渡邉彩香(20歳)、勝みなみ(15歳)※アマチュア(年齢は優勝当時)など若手のツアー初優勝者が現れた。対してシードを喪失し、QT行きが決まった10人の平均年齢は29.4歳。世代交代というには早すぎる感もあるが、女子ツアーの層の変化が浮き彫りとなる結末だった。(香川県三豊市/本橋英治)


特集SPECIAL

プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには林菜乃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~