ニュース

国内女子伊藤園レディスの最新ゴルフニュースをお届け

原江里菜 “優勝”また目前でスルリ

“優勝”の二文字は、またも原江里菜の手からスルリとこぼれ落ちた。千葉県で開催された「伊藤園レディス」の最終日、藤本麻子と並んで首位タイから出た原は、通算7アンダーの4位タイでフィニッシュした。

前半に2つのバーディを奪って順調にスコアを重ね、15番を終えるまでは一度も首位の座を譲ることなく、待ち続けた2勝目に向け終盤を迎えた。

<< 下に続く >>

15番では第2打をピン側約80cmにピタリと寄せて、見せ場とする。しかし、バーディパットは無情にもカップを逸れた。

振り返れば、好機を逸して「流れが変わった」。16番ではグリーン手前のラフからの第2打が寄らず、入らずのボギー。続く17番(パー3)でもティショットがバンカーにつかまり再びボギー。この時点で首位を1打差で追う展開となった。

さらに最終18番ではフェアウェイからの第2打を池に入れるトラブルで万事休す。多くのギャラリーが見守る18番グリーンでは、最後まで気丈に振る舞っていた原だったが、アテストを終えると、悔しさからロッカールームで号泣した。

「16番のボギーは仕方ないとしても、上がり17番、18番をちゃんと締めることができていたら、まだチャンスはあったと思う。(優勝は)今週ではなかったということ」。届きそうで届かない歯がゆい思いを胸に刻み、「こういうゴルフをしていればチャンスはまた訪れる」と再び前を向いた。(千葉県長南町/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 伊藤園レディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!