ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

連続ダボにも心折れず 鈴木愛が辛くもリード守りメジャーVに王手

2014/09/13 20:03


国内女子メジャー「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」の3日目。4打差リードの単独首位からスタートした鈴木愛は、前半の2連続ダブルボギーが響いて「75」と崩れながら、通算4アンダーでその座を死守。1打差に迫られながらも、初のレギュラーツアー優勝とメジャー初タイトルに王手をかけ、接戦に転じた最終日のスタートを迎える。

ツアーでは自身初めてとなった最終組。「本当にショットが悪かった。すごく苦しくて、長い1日でした」と振り返った18ホールは、序盤の深いラフ絡みのトラブルから始まった。

2番のティショットを右斜面に曲げると、2打目、3打目とラフを渡り歩いて3オン3パット。続く3番(パー5)では左ラフに曲げ、2打目をさらに左斜面下のラフに打ち込むなど5オン2パット。2ホールで貯金を一気にはき出す連続ダブルボギーで後続に並ばれ、自ら混戦を呼び込んだ。前半9ホールを終えた時には、1打差を追う立場に変わっていた

最終組に続いた大勢のギャラリーと歓声が「プレッシャーになった」と認める鈴木。しかし「落ち着いたのは10番ぐらいから」と、バックナインに入り再び這い上がる粘りを見せた。

1打ビハインドのまま迎えた15番(パー3)で、グリーン右奥のラフから13ヤードの2打目を「イメージ通り」と手前のカラーに落とし、そのままカップに放り込むチップインバーディ。オフに練習を積んだショートゲームから生まれた起死回生の1発で単独首位の座を奪還すると、辛くもリードを守りきった。

1打差を追われる身で立つ、メジャー最終日の最終組。「緊張はすると思うけど、できるだけ平常心で、笑顔でプレーしたいです」。憧れの宮里藍が持つ、大会最年少優勝の更新もかかっている。苦しみながらも、明日への流れは築いた。未知の世界にいる20歳が、試練の1日を迎える。(兵庫県三木市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには西智子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。